人気ブログランキング |

日本の国益


by Jam
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

タグ:テレビ朝日 古舘伊知郎 ( 1 ) タグの人気記事

e0241684_18355156.png


古舘伊知郎氏 朝日新聞の従軍慰安婦報道に「人間は間違いを犯す前提」
http://news.livedoor.com/article/detail/9607216/
2014年12月23日 20時15分


e0241684_2241264.png


22日放送の「報道ステーション」(テレビ朝日系)で、古舘伊知郎氏が、朝日新聞の従軍慰安婦報道についてコメントした。

番組では、朝日新聞の慰安婦報道を検証する第三者委員会が公表した報告書を特集した。報告書によると、慰安婦の強制連行があったとする吉田清治氏の証言を、朝日新聞が虚偽であると訂正したことについて、朝日新聞社内の検証チームは読者に「おわび」する紙面案を作成したが、木村伊量前社長と経営幹部らが協議した結果、謝罪しないことになったという。

そして報告書のまとめとして「今回の問題の多くは編集に経営陣が過剰に介入し、読者のための紙面ではなく朝日新聞社の防衛のための紙面を作ったことに主な原因があるというべきである」と、述べられていたことを紹介した。

スタジオでは古舘氏が「これで思うことは、本当に人間は間違いを犯すんだということ。これを前提にして、間違いを犯した時に、素早く、どう対応をするかが非常に問題であり、そこが一番肝心なところだということ痛感する次第です」と語った。
--ここまで--




慰安婦問題で一体何がおきたのか 年表(メモ)

1991年(平成3年)8月11日~
朝日新聞が慰安婦大特集というのをやった。
現地の新聞社(済州新聞)が「この話は嘘だ」と指摘しているのに、その結論の後に朝日新聞が「済州島で朝鮮人を強制連行したんだ」と言って大特集を組む。

その後1999年(平成11年)
秦 郁彦先生が「慰安婦と戦場の性」(新潮選書)という本を改めて出し、「吉田証言」これがデタラメであると研究結果として発表。


吉田証言は虚偽であるという事を、現地の新聞社が発表しているにも関わらず1991年(平成3年)8月11日~朝日新聞は慰安婦強制連行大特集というのを組んだ。


自分たちは真実だと思ってそれを特集組みましたと。
例えばそれを「本当に知らなかった」、「済州新聞など知らなかった」と言うけれど
「知らない」という時点でこれは取材していないという事ですから。
「現地に行って、現地で取材している」という話だった。だからそれも嘘という事になりますよ。


仮に朝日新聞が「済州新聞など知らない」と言ったとしても
1991年(平成3年)に朝日新聞が特集をやって
1999年(平成11年)秦 郁彦先生が「慰安婦と戦場の性」を出して、その中でも「吉田証言が虚偽である」と、「有り得ない」という事を証明しているのだから
撤回するチャンスというのはいくらでもあった。


それを敢えて引き延ばしに引き延ばして朝日が大特集をやってから23年間放置して、ここにきて「あれは間違いでした」と。


それを敢えて引き延ばしに引き延ばして朝日が大特集をやってから23年間放置して、ここにきて「あれは間違いでした」と。




古舘氏→「これで思うことは、本当に人間は間違いを犯すんだということ。これを前提にして、間違いを犯した時に、素早く、どう対応をするかが非常に問題であり、そこが一番肝心なところだということ痛感する次第です」



ま ち が い ・ ・ ・





南関東地区 デモ&パレードのお知らせ2674年11月・12月
行動する保守運動のカレンダー全国版
目覚めたひとのブログ*
by koubou-ohayou | 2014-12-24 22:10 | 朝日新聞