人気ブログランキング |

日本の国益


by Jam
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30

タグ:セガサミーホールディングス ( 1 ) タグの人気記事



日韓合弁のカジノ 建設へ起工式
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20141120/k10013358571000.html
11月20日 16時22分

e0241684_122385.png
e0241684_122313100.png

e0241684_1226681.png

e0241684_1226124.png


日本でカジノ解禁を巡る議論が進むなか、日本と韓国の企業が合弁会社を作って韓国でカジノを含む複合リゾート施設を建設することになり、20日、起工式が行われました。

これは、日本のゲームやパチンコの大手メーカー「セガサミーホールディングス」と、韓国でカジノ事業などを手がける「パラダイス」が、合弁会社を作って韓国西部のインチョン(仁川)にカジノを含む複合リゾート施設を建設するものです。

20日、現地で起工式が開かれ、韓国政府や地元自治体の関係者のほか、日本の別所大使も出席し、建設開始を祝いました。



オープンは2017年3月ごろを目指しており、事業の投資総額は1400億円、広さは東京ドームのおよそ7倍で、ホテルや商業施設などが入り、カジノは韓国で最大規模になるということです。
両社としては、インチョン空港から車で5分足らずという立地条件を生かし、急増している中国人観光客を引き付けたいとしています。

日本では超党派の議員連盟がカジノ解禁に向けた法案を取りまとめ、2020年の東京オリンピックまでにカジノを解禁するかどうか議論が進められています。

こうした動きを踏まえて、セガサミーとしては、カジノ経営の実績がある韓国側の企業からノウハウを学びたい考えで、鶴見尚也専務は「日本の会社でカジノの運営経験の蓄積がある会社はない。今回の投資を通じてノウハウの蓄積を進め、日本で法律が成立すればそのノウハウを日本へ移して、われわれがカジノの運営ができるよう体制作りをするのが大きな目的だ」と話していました。
--ここまで--





「空の玄関」に大型カジノ=日本に先手、中国人観光客狙う―韓国
http://www.jiji.com/jc/zc?k=201411%2F2014112200170
(2014/11/22-14:48)


【ソウル時事】韓国の「空の玄関」である仁川国際空港の隣で複合カジノリゾートの建設が始まった。日韓企業の合弁事業で、2017年上半期にオープンする予定。カジノ合法化を推進する日本、台湾に対して先手を打ち、急増する中国人観光客の取り込みを図る。

20日に起工式が行われた複合リゾート施設「パラダイスシティ」は、韓国のカジノ企業「パラダイス」と日本のセガサミーホールディングスの合弁事業で、総工費は1兆3000億ウォン(約1400億円)。高級ホテルとカジノのほか、「韓流」をテーマにした「Kプラザ」やスパ、ショッピングモール、K―POP公演も行える国際会議場などが併設される。

マカオとシンガポールのカジノは近年急成長。こうした時流を踏まえ、仁川空港から5分という立地の良さを生かし、18年には現在の約2倍の1000万人に増加するとも見込まれる中国人旅行客を誘致、観光業活性化につなげる戦略だ。年間300万~400万人の入場を見込んでいる。 
--ここまで--





↓2014年7月15日の記事


「客のイカサマ」はでっちあげ? 韓国カジノの「勝利金支払い拒否騒動」で、関係者が驚きの供述=中国
http://news.searchina.net/id/1537680?page=1
2014-07-15 03:35


韓国済州(チェジュ)島のカジノを訪れる中国人が増え、同島のカジノにとって中国人は「上顧客」となっている。5月、同島のカジノで大勝ちした中国人客がカジノ側から「イカサマをした」と言われ、支払いを拒否されていた事案で、カジノのスタッフがこのほど「カジノ側の指示でイカサマだとでっち上げた」と語っていることがわかった。


中国メディアの環球網は14日、「韓国ではカジノおよび済州島のイメージダウンを懸念する声が高まっている」と伝えた。


済州島の西帰浦市内にあるホテルのカジノで5月11日、中国人客4人がバカラで大勝ちし、11億ウォン(約1億1100万円)を稼いだが、カジノ側は中国人客らが「カジノのスタッフと共謀してイカサマをした」として現金の支払いを拒否した。


支払いを拒否された中国人客らはカジノ側から「脅迫された」として、カジノ側を相手取って民事訴訟を起こしたところ、カジノ側は逆に「詐欺」を理由に中国人客らを提訴した。


報道によれば、カジノ側から「中国人とグルになってイカサマをした」と指摘されたスタッフは当初、警察に対してカジノ側の主張通り 「中国人客と共謀してイカサマをした」と供述していた。


しかし、聞き取りが進むにつれ、同スタッフの供述内容が「カジノ側から虚偽の供述をするよう要求された」と一転し、現在は「カジノ側は中国人客にお金を支払いたくないがためにイカサマをでっち上げた」と供述しているという。



記事は韓国メディアのNewsisの報道を引用し、済州島西帰浦警察は虚偽告訴罪の容疑でカジノの責任者を処分する準備を進めていると伝えたほか、韓国国内では「スタッフの供述が事実と証明されれば、上顧客である中国人によって繁盛する済州島のカジノは大きな打撃を受けるばかりか、済州島の観光産業そのものにも打撃となる」と懸念の声があがっていることを紹介した。
(編集担当:村山健二)(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)
--ここまで--




(`ハ´  )<`∀´丶>






南関東地区 デモ&パレードのお知らせ2674年11月・12月
行動する保守運動のカレンダー全国版
目覚めたひとのブログ*
by koubou-ohayou | 2014-11-23 13:34 | 生活保護不正受給問題 パチンコ