日本の国益


by Jam
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

カテゴリ:本 雑誌( 9 )


文化を破壞する左翼「批判理論」の根源 ――アドルノとフランクフルト学派批判4 3
はじめに デュ―ラ―の『自画像』
http://hidemichitanaka.net/column/single/111124/ より


左翼の人々の間では、かつては「文化」を口にする者は、「保守派」の烙印を押されることを覚悟しなければならなかったという。従って「進歩派」と思われるのであれば「経済・社会」をこそ、論じるのでなければならない、という風潮が存在した。つまりマルクス主義者たちは、「文化」は上部構造で、「経済・社会」が下部構造であり、ほとんど決定するのは下部構造の方である、と信じてきたからである。

ところが、今日では左翼の人々が、「文化」を論じることこそ重要で、「社会」分析などして、革命の可能性などと口にする者など、時代遅れだと思うようになっている、という。わたしたちが左翼の階級闘争史観ではなく、「文化と伝統」の方を重んじた歴史教科書づくりの運動をしたとき、当時の共産党の不破委員長が、躍起に立って、それを批判しにかかったのもそうした態度のあらわれであろう。「文化・教育」を制したい、一念が左翼にあるからだと思われる(※1)。
(略)



すでに私は、左翼が戦後、フランクフルト学派の意向に従って、「文化」を主戦場にしている、と指摘した。メデイアや大学といったところの中間階級層の意識の変革をねらった「隠れマルクス主義」の運動をしている、と分析した(※2)。それが社会主義国が崩壊した後も、連綿として続けられていると述べている。かつてのストライキを中心にした「労・農」階層の社会主義運動が失敗して、「文化」方面に目を向けた運動のねらいはあたったかもしれない。保守の抵抗も声が小さかった。
(略)



氏の日本のメデイアの上での活躍は、日本の中の朝鮮人というマイノリティの重視という、OSSの「日本計画」の実現の延長上にあることは明らかである。私はまた朝鮮人であろうが、中国人であろうが偏見はないが、日本人として考えれば、氏のような韓国籍の在日が、堂々と公共放送の教養番組に出ていることも、東大の職をいることも不自然に感じるが、それを批判できない雰囲気を与えているのも、この「計画」どうりなのである。まさに「権威主義」を批判する左翼を、東大教授という「権威」につけて、NHKやテレビに出演させて宣伝させるという構造こそ、OSSの「計画」であり、それ故に、批判されねばならない、日本の文化の破壊思想を宿している。


今日の知識人の動きとして、グローバリスムの中で、「多文化主義」とか「異文化理解」とか、要するに、それぞれの国の共同体文化を相対化する見方が促進されているが、逆に、それぞれの国の伝統の文化を破壞する言葉として乱用されている。その実例が姜氏の例であり、日本に同化することのない異文化の韓国人が、妙にマスコミで多用されるという事態となっているのである。しかしその原因は、基本的には戦後のフランクフルト学派を起点とする「隠れマルクス主義」の動きにあったことは、拙著『戦後日本を狂わせたOSS「日本計画」』で明らかにしている。文化を左翼が論じ始めたときから、彼らは、文化を現在の社会を否定する表現として使いはじめ、歴史を破壞する方向に向かったのである。
(以下略)


--ここまで--

amazon
戦後日本を狂わせたOSS「日本計画」



憲法研究会はGHQのピンカーズ(赤いやつ)と同じ穴のムジナ
目覚めたひとのブログ*
[PR]
by koubou-ohayou | 2015-04-16 22:20 | 本 雑誌
最高裁が「対象外」とした永住外国人への生活保護給付は、「GHQの無差別平等指令」から始まった!
http://ameblo.jp/kamiyononihon/entry-11896505074.html より

(略)
ただひたすら、戦後史の膨大な資料を調べれば調べるほど、GHQは日本に破壊的影響を与えているという事実をお伝えしたいのです。

最近、日本内外で起きている数々の裁判や、大きな事件・事故などの原因や背景となっている理由が、そもそもは「GHQの制度の悪弊及びに制度疲労」によって起きていることを御存じでしょうか?

例えば、最近話題になっている生活保護の問題です。

7月18日、最高裁判所の千葉勝美裁判長は、永住外国人の資格を持つ中国人女性に対し、「永住外国人は生活保護の適用対象ではない」という判決を下しました。日本の生活保護法は、実はGHQ占領下の昭和21年9月に制定されています。この生活保護法は、GHQの「SCAPIN」という命令に基づくものでした。GHQは当時、「社会福祉の無差別平等」「社会保障の国家責任」などを目指していました。どんな外国人であろうと、日本国内においては、「差別のない社会保障」を求めていたのです。これが「SCAPINー775」という指令です。

日本の当時の厚生省は、最初は戦災被害で苦労している日本人だけに一時的に「生活保護」を与えようとしていましたが、やがて日本政府は、GHQに迎合し、在日外国人にも国家の責任において無条件に生活保護を給付するようになったのです。そのため、戦後日本には在日中国・韓国人が大勢来日し、居住実態などの条件がなかったり、偽名を使っていても、生活保護を役所からもらう生保の「詐取事件」が数え切れないほど横行しました。いわば、外国人たちがGHQの作った日本の福祉制度の旨味を知り、日本人にタカリに来るようになったわけです。

(中略)

このままでは日本の社会保障費は年間約1兆円ずつ増え続け、国家財政が持つわけがありません。また、ただでさえ生活保護費は、普通の日本人であれば、一般の会社員となって数年真面目に勤め上げても、それより高い水準(15万円以上)であることが知られています。戦後日本ではこれまでこのような判決は下せませんでした。ところが今回の最高裁判決は、この「GHQの占領政策による悪平等制度」にとどめを刺した形になりました。戦後ようやく「日本司法がGHQの占領政策に対して、正当な反論を行った判決」と言えるかもしれません。
(以下略)
→最高裁が「対象外」とした永住外国人への生活保護給付は、「GHQの無差別平等指令」から始まった!





長崎女子高生同級生殺人事件に見る
日本の「少年・少年保護のシステム」は戦前の方が良かった

http://ameblo.jp/kamiyononihon/entry-11901771536.html より

長崎県佐世保市で、15歳の高校一年生を同級生が首を切るなどして殺害した事件。
実は、この残虐な事件ほど、「戦後レジーム的なるもの」はありません。

まず加害者の同級生の父親は弁護士で、母親は教育委員。どちらも「GHQ」が戦後強くした職業です。母親の父は、地元新聞社の経営者だそうです。そのマスコミでは、被害者の実名を報道することはあっても、加害者の実名を報道することはありません。

まるで「被害者はさらし者にするが、加害者の責任は問わない」というような偏った報道姿勢には、アメリカの司法の考え方の影響が見られます。
(以下略)
→長崎女子高生同級生殺人事件に見る日本の「少年・少年保護のシステム」は戦前の方が良かった




GHQの日本洗脳
70年続いた「支配システム」の呪縛から日本を解放せよ!
山村 明義 (著)
e0241684_17455394.png


著者自身から本書の見どころのポイントは、GHQは日本及び日本人に対して
1、2010年代までに「少子高齢化」を実現させる 
2、食と農業、住まいを貧弱化させる 
3、教育と宗教を徹底的に弱体化させる 
4、マスコミを狂わせる 
5、映画・スポーツなど(3S政策)で洗脳させる 
6、政治不信に走らせ、国内を混乱させる 
7、インフレを極度に恐れさせ、デフレ不況に陥らせる... 
8、領土問題と外交問題で国際的な混乱を誘う 
9、軍事と航空をストップさせる 
10、自らの作った日本国憲法の「護憲派」と「改正派」で分裂を誘う。そして、「女系天皇論」などで皇室を弱体化させるーなどの計画を進めるよう、長期計画で占領政策を敷いてきたーという恐るべき点にあるというとことまでは、フェイスブックにも書きました。
(以下略)
http://ameblo.jp/kamiyononihon/entry-11895368912.html




後で買って読む。




追記:平成26年12月18日(木)
思い出したのでメモ

↑の引用した記事中に出てくる"永住外国人の資格を持つ中国人女性に対し、「永住外国人は生活保護の適用対象ではない」という判決を下しました"とある最高裁判所の千葉勝美裁判長

公務員の「政治活動」拡大 赤旗配布で最高裁初判断 2012/12/07 21:50






目覚めたひとのブログ*
[PR]
by koubou-ohayou | 2014-12-09 17:57 | 本 雑誌

「大嫌韓時代」


青林堂@seirindo_book
「大嫌韓時代」発売たちまち重版決定!アマゾン1位の他、楽天などでも政治部門1位です。書泉グランデさんは初回分完売となりました。地方の書店様からも多数ご注文をいただいております。書店にもどうぞ足をお運び下さい。
「大嫌韓時代」桜井誠 http://goo.gl/aHn8v7


青林堂@seirindo_book
「大嫌韓時代」ですが、現在アマゾンは品切ですが近日中には在庫ありになりますので、今しばらくお待ち下さい。また当書籍は全国どこの書店でもご購入・ご注文ができます。どうぞお近くの書店様にも足をお運び下さい!
在特会会長 桜井誠 http://goo.gl/aHn8v7


青林堂@seirindo_book
「大嫌韓時代」ネット及び書店での品切れではご迷惑をおけしております。本日3刷決定しました。少しでも早くお待ちの皆さまのお手元に届くよう鋭意努力いたします。今しばらくお待ちいただければ幸いです。
「大嫌韓時代」在特会会長 桜井誠 http://goo.gl/aHn8v7



アマゾンも売り切れてしまった!Σ(°Д°υ)

記念スクリーンショットw
e0241684_1704276.png



(nikolive)
(。・д・)ノ★⌒☆【Makoトーク/大嫌韓編】☆⌒★ヾ(・д・。)
2674/09/30(火) 開場:18:57 開演:19:00
『大嫌韓時代』(青林堂、定価1,200円+税)
amazon全書籍ランキング 1位 記念番組!

放送URL http://live.nicovideo.jp/gate/lv195011250




南関東地区 デモ&パレードのお知らせ2674年9月/10月
行動する保守運動のカレンダー全国版
目覚めたひとのブログ*
[PR]
by koubou-ohayou | 2014-09-30 17:11 | 本 雑誌

遂に!


きたあああああああ*\(^o^)/*
超びっくりww
アマゾンランキング第1位
大嫌韓時代 (SEIRINDO BOOKS)


記念スクリーンショットw
e0241684_17262088.png




→【祝】『大嫌韓時代』アマゾン本 1位 キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!!! 
大嫌韓時代の到来wwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww

2014年09月29日17:02 | カテゴリ:政治

→しばき隊に完全勝利した在特会桜井誠会長UC





目覚めたひとのブログ*
[PR]
by koubou-ohayou | 2014-09-29 17:30 | 本 雑誌


\ 9月24日発売予定!/
e0241684_192559100.png


大嫌韓時代 桜井誠 (著)
定価1200円
出版社: 青林堂







目覚めたひとのブログ*
[PR]
by koubou-ohayou | 2014-09-06 19:34 | 本 雑誌

朝鮮餅いらんかえ〜wwww


あ″!在日韓国人が言ってた朝鮮餅ってコレの事だったのかな!
「朝鮮餅いらんかえ〜♪」

朝鮮餅=Poo Cake.


e0241684_1471100.png

韓国絵本『うんこモチ』~大韓民国の民話伝承より~【閲覧注意】南トンスルランド~

https://www.youtube.com/watch?v=PowXPQCyRVU#t=182






→【閲覧注意】韓国で絶大な人気の人糞菓子「トンパン」が日本上陸!コリアンタウン・大久保のイケメン通りで販売開始!





目覚めたひとのブログ*
[PR]
by koubou-ohayou | 2014-07-01 17:29 | 本 雑誌


e0241684_1542266.png





南関東地区 デモ&パレードのお知らせ2014年5月~6月
行動する保守運動のカレンダー全国版
目覚めたひとのブログ*
[PR]
by koubou-ohayou | 2014-06-26 17:08 | 本 雑誌

絵本「メチのいた島」 



メチって知ってますか?メチとはアシカのこと。
日本固有の領土・竹島に生息していました。






絵本「メチのいた島」

e0241684_1438996.png



竹島にいたニホンアシカと、島根県の隠岐島民の交流の史実を物語化。隠岐と竹島の深い関わりを生活者の視点で描いた自費出版本を再編した。親子で学べる竹島問題入門の書として、巻末に竹島の歴史やニホンアシカを解説した資料編を収録している。
http://www.sanin-chuo.co.jp/modules/tinyd0/index.php?id=14


発行日 2月22日(竹島の日)
体裁 A4変型判、上製本、オールカラー、64ページ
著者 文・杉原由美子(島根県隠岐の島町出身・在住)、作画・上中治(同町出身)
定価 本体価格1,500円+消費税
送料 別途必要


インターネットでのお申し込みはこちら
https://www.sanin-chuo.co.jp/modules/tinyd0/index.php?id=33/




拡散宜しくお願いします。




竹島・武装韓国人の居座りから60年…消えゆく漁業の記憶を、絵本で語り継ぐ





目覚めたひとのブログ*

[PR]
by koubou-ohayou | 2014-03-25 14:08 | 本 雑誌

本が届きました。



在特会とは「在日特権を許さない市民の会」の略称です!
e0241684_14591867.jpg



本屋さんに3回も足を運んだのに売ってなくて
その度に違う本を買ってました(笑)



amazon
在特会とは「在日特権を許さない市民の会」の略称です!青林堂
7net
在特会とは「在日特権を許さない市民の会」の略称です!青林堂





デモ&パレードのお知らせ2014年1月
目覚めたひとのブログ*
[PR]
by koubou-ohayou | 2014-01-16 16:52 | 本 雑誌