日本の国益


by Jam
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

こういうのも知っておいた方がいいよね。


なでしこ優勝の陰の功労者、在日企業家・文弘宣氏
http://japanese.yonhapnews.co.kr/headline/2011/08/08/0200000000AJP20110808002500882.HTML
2011/08/08 15:17 KST


【神戸聯合ニュース】日本全域が先月、サッカー女子代表「なでしこジャパン」のワールドカップ(W杯)優勝に沸いたが、その陰に在日同胞の企業家の功労があったことはあまり知られていない。

その企業家とは、日本女子サッカークラブ「INAC神戸レオネッサ」の会長、文弘宣(ムン・ホンソン)さん(60)だ。
慶尚南道・昌寧を故郷とする在日2世の文会長が創立し、育てたこのクラブは、日本女子代表チームの主将でW杯の得点王(5点)、最優秀選手(MVP)を獲得した沢穂希(32)をはじめ、代表選手7人が所属している。1月の全日本女子サッカー選手権大会で優勝し、1チーム当たり年間16試合を戦う日本女子サッカー1部リーグ(なでしこリーグ)で前半期8連勝を達成した最強チームだ。韓国代表のチ・ソヨン(20)、クォン・ウンソム(20)も所属している。

現在、不動産、情報通信(IT)、外食産業などを手掛けるアスコホールディングスの会長を務める文会長は、2001年にスポーツビジネスの一環として女子サッカークラブを作った。

最初は男子のサッカークラブを作ろうとしたが、選手集めが難しいため女子サッカーに目を向けたところ、運動したくても行き場がなく、困っていた選手らが集まったという。

(略)

文会長は2006年から、大胆な「実験」を始めた。選手がサッカーに打ち込めるよう、全員をグループ企業で雇用して社業を免除し、月給を支払うというものだ。アマチュアリーグの日本女子サッカーリーグでは、こうしたシステムを取っているのは今でもINAC神戸だけだ。

「女子サッカーにつぎ込んだ金額が10年間でどれほどになるのかと聞かれたことがありますが、およそ15億円になると思います」と、文会長。だからといって、慈善事業をしているわけではない。目先の利益を見るのではなく、長期目標を立てて投資しただけだ。

文会長は「いつかINAC神戸を独立採算制で運営したい」とし、W杯の優勝でその芽が見えてきたと話した。それまでは女子サッカーの後援要請を門前払いしていた日本の大企業が、国民のヒロインとなった選手らのユニフォームに自社の名前を入れようと、列をなすようになったという。昨年は1試合当たり800人だった観客数は、今月6日のリーグ第8戦では2万4500人に増えた。


文会長は在日本朝鮮人総連合会(朝鮮総連)系の朝鮮学校、朝鮮大学校を卒業し、北朝鮮と合営事業を行っていた。だが、1990年代初めに事実上、これを奪われたことから、北朝鮮に幻滅し5~6年前に韓国国籍を取得した。そんな同氏の願いは、祖国の女子サッカー発展にも寄与することだ。

イ・ジンファ(24)、チ・ソヨン、クォン・ウンソムらを相次ぎスカウトしたり、費用を負担して韓国の女子中高生3人を日本に呼び、トレーニングに参加させたりしたのもそのためだ。10~14日には、韓国で開かれる韓国、中国、日本、ガーナによるサッカー親善大会に参加する予定だ。

「韓国の女子サッカー代表も、五輪やW杯で優勝する日が必ず来る」と、文会長は明言する。どんな分野であれ、10年以上先を見越して投資する在日事業家の目は、いつしか韓国と日本が競い合い、世界の女子サッカーを率いていく未来に向けられていた。

--ここまで--


北朝鮮 拉致工作員
e0241684_15182252.png




http://blog.livedoor.jp/aryasarasvati/archives/34384519.html より転載

p205~212
17 麻薬製造工場と外貨稼ぎ

以前、私は韓国の新聞を通じて、日本に入港した北朝鮮の貿易船から大量の覚醒剤と乱数表が発見されたという記事を読んだことがあった。日本の国民がこの記事を読んでどれほど驚いたかはわからないが、北朝鮮当局は清津(チョンジン)連絡所のスパイ船を利用して、日本に麻薬はもちろん偽造紙幣、各種武器まで持ち込んでいたのである。

 これは清津連絡所だけでなく、各侵入連絡所で働いていた先輩スパイが一様に口にする話だった。南浦(ナムポ)連絡所、海州(ヘジュ)連絡所、元山(ウォンサン)連絡所の貿易船ーといっても、貿易船に偽装したスパイ船だが、それらは日本や東南アジア、中東などに麻薬及び覚醒剤、武器、偽造ドル紙幣などを密売していた。特に南浦連絡所所属の貿易船である「東建(トンゴン)愛国号」(神戸の実業家だった文東建①が北朝鮮に寄贈したことから命名された)は、一時大っぴらに違法な物資を運送する船舶として利用されたりしたという。

 私は金正日政治軍事大学で教育を受けていた時、三号庁舎所属の915病院研究所で研究・政策された麻薬類を直接、この目で見ながら説明を受けたりもした。
(以下略)
--ここまで--




神戸の実業家だった文東建が北朝鮮に寄贈したことから命名された
「東建(トンゴン)愛国号」


上記「なでしこ陰の功労者」の記事の在日企業家・文弘宣文東建親子
文弘宣は文東建の息子。




<在日社会>在日新世紀・新たな座標軸を求めて①
― 新しい民族学校建設にかける 文 弘宣さん ―

http://www.toyo-keizai.co.jp/news/society/2007/post_528.php
2007/09/07


(略)
文さんの父は朝鮮総連系の大物商工人だった文東建さん。日朝合作の学術映画『騎馬民族国家』の製作に貢献したことでも知られているが、87年に亡くなった。

(略)
学校設立に奔走する一方で、神戸の女子サッカーチーム「アイナック レオネッサ」の会長も務めている。同チームは2004年関西1部リーグで優勝。2006年からLリーグ1部に所属した。今期は現在まで5位。8月下旬には上海で韓国、中国の女子チームとの合同キャンプも行った。

「チームを持ったのは2001年。日本社会への恩返しのため、そしてスポーツ文化への貢献を考えて活動してきた。NPO法人アイナックを立ち上げて、関西地域の企業100社の共同運営にしたことで、各企業のスポーツへの関心も高まってきた。今後は東アジアのスポーツ交流にも尽力したい。上海での合同キャンプはその一環だ」

在日の若者にどう生きてほしいか、最後に伺った。

「どこの国に住み、どんな国籍を取っても、常にコリアンであることを自覚してほしい。21世紀に入り、在日社会も変化している中、在日の世界にこもらず、活動領域を広めて、大きな夢を持ってもらいたい。民族的アイデンティティーを保ちながら、世界で活躍する人材になる。これが私、そしてKISの願いだ」


(以下略)
--ここまで--





http://dogma.at.webry.info/200701/article_9.html より
2007/01/12 03:16


(略)
それまでブルジョワ的としていた在日朝鮮商人が金ヅルになると気付いたのだ。金日成・正日親子がカネを吸い上げるには格好の相手だった。


だが一方で、在日側もこれを利用する。総連関係者の間に衝撃が走ったのが、“文東建・金日成写真事件”だ。

兵庫県に文東建(ムン・トンゴン)という商工人がいた。事業家だった文は75年に金日成へ5000トンの貨物船を寄贈する。その功績が讃えられて文東建と金日成のツーショット写真が撮影された…

これが衝撃的な事件だった言われる。

当時は総連の議長ですらも金日成と一緒に写真に納まることが出来なかった。ところが、カネを貢ぐだけで“最高の名誉”にあずかれると分かったのだ。

総連関係者の間にたちまち献金ブームが起こる。

そして金日成も、ただ写真を撮るだけで、莫大なカネを手に入れられること気付いた。総連=本国の常軌を逸した相互利用である。
(以下略)
--ここまで--



目覚めたひとのブログ*
[PR]
by koubou-ohayou | 2015-07-03 16:44 | 在日韓国朝鮮人