日本の国益


by Jam
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

韓国籍男「日本人なら何人でも殺そうと思った」通り魔事件



韓国籍男「日本人なら何人でも殺そうと思った」通り魔事件

https://www.youtube.com/watch?v=DRMmJDDAe34&feature=youtube_gdata_player






突然の凶行に凍り付いた早朝 刃物男、男性を執拗に追う
http://sankei.jp.msn.com/west/west_affairs/news/130522/waf13052212050018-n1.htm
2013.5.22 11:53

「助けてくれ」。22日の早朝、大阪市生野区で新聞配達中に刺された川口修一さん(61)は男の刃物から逃れようと必死で逃げたが、すぐに路上に倒れ込んだ。早朝の商店街に悲鳴と絶叫が響き、住民は突然の凶行に凍り付いた。

血のナイフ、激高し警察官に「知るか!」

事件を目撃した50代のパート女性は「刺された男性の下半身付近にすぐに血だまりが広がった。犯人の男が『うー、うー』とわめき声を上げていた」と、脅えた様子で当時の状況を語った。

男は川口さんを追いかけるうちに狙いを変え、たまたま通りかかった越智美智子さんに刃物を向けたとみられる。

自営業の男性(61)は「女性が『助けて』と叫んでいるのを聞いて、マンションから外を見ると、警察官数人が男を取り押さえていた。男は特に暴れる様子もなかった」と振り返った。

また、飲食店経営の男性(62)も「刺された女性の近くで、通行人の男性と男がもみ合いになっていた。男性が男の首をつかんで取り押さえ、その後駆けつけた警察官が制圧した。警察官が『仲間はおるんか』と聞くと、男は『知るか!』と言っていた。そばには血の付いたナイフが落ちていた」と話した。





「日本人なら何人も殺そうと思った」
逮捕の男が供述 府警が捜査本部設置

http://sankei.jp.msn.com/west/west_affairs/news/130522/waf13052212050018-n1.htm
2013.5.22 12:04 [殺人・殺人未遂]

男女2人が刺された現場付近を調べる捜査員ら=22日午前9時54分、大阪市生野区(山田哲撮影)

大阪市生野区新今里で60代の男女2人が次々と刺され、重傷を負った事件で、殺人未遂容疑で逮捕された無職男(31)が「何人も殺そうと思った」と供述していることが22日、大阪府警への取材で分かった。府警は通行人を無差別に狙った通り魔事件との見方を強め、生野署に捜査本部を設置、犯行の経緯を詳しく調べる。

捜査本部によると、刺されて重傷を負ったのは、同市勝山北の毎日新聞配達員、川口修一さん(61)と同区新今里のビル清掃員、越智美智子さん(63)。川口さんは腹など数カ所、越智さんは腹や背中など数カ所を刺された。

男はまずマンションの1階で朝刊の配達中だった川口さんを襲撃。さらに約150メートル離れた路上で、出勤途中の越智さんに切りかかった。

男は逮捕後の調べに「生粋の日本人なら何人も殺そうと思った」と供述。越智さんを襲った際も「『生粋の日本人ですか』と尋ねたうえで刺した」などと意味不明の言動を繰り返しており、府警は刑事責任能力を慎重に調べる。





逮捕の男、精神疾患で入退院繰り返す
http://sankei.jp.msn.com/west/west_affairs/news/130522/waf13052216350024-n1.htm
2013.5.22 16:35 [殺人・殺人未遂]

大阪市生野区新今里で60代の男女2人が次々と刺され、重傷を負った通り魔事件で、殺人未遂容疑で逮捕された無職の男(31)が約3年前から、精神疾患で入退院を繰り返していたことが22日、大阪府警生野署捜査本部への取材で分かった。

府警によると、男は「日本人なら何人も殺そうと思った」と供述。逮捕後の調べで、韓国籍であることも判明した。府警は刑事責任能力を問えるかどうか、慎重に調べている。





襲撃前「日本人か」確認、別の通行人も標的に
http://sankei.jp.msn.com/west/west_affairs/news/130523/waf13052308200001-n1.htm
2013.5.23 08:18 (1/2ページ)[殺人・殺人未遂]

大阪市生野区新今里で男女2人が刺され、重傷を負った通り魔事件で、殺人未遂容疑で逮捕された無職の男(31)が、通行人の女性に「日本人か」と尋ねたうえで、包丁で襲いかかっていたことが22日、捜査関係者への取材で分かった。男は襲撃した2人以外にも、複数の通行人に同じ質問をして標的を物色していたことも判明。日本人と分かると刺そうとするそぶりを見せたという。

精神疾患歴、すれ違うたび「日本人か?」

大阪府警によると、男は韓国籍。約3年前から精神疾患を患い、入退院を繰り返していた。府警は同日、生野署に捜査本部を設置。男は「生粋の日本人なら何人も殺そうと思った」と供述しているが、言動に意味不明な部分もあることから刑事責任を問えるかどうか慎重に判断する。

男は同日午前5時20分ごろ、自宅マンション1階で朝刊を配っていた新聞配達員、川口修一さん(61)を刺し、逃げ出した川口さんを追って屋外へ。その後、約150メートル離れた商店街の路上で、清掃員の越智美智子さん(63)に「生粋の日本人か」と質問。越智さんが「そうです」と答えると、いきなり襲いかかった。

男はその間にすれ違った住民らに「日本人か」と確認。近くの男性(59)が「そうやで」と返答すると、白いポリ袋の中から包丁を取り出した。男性はオートロックの自宅マンション内に逃げ込み、けがはなかった。



http://sankei.jp.msn.com/west/west_affairs/news/130523/waf13052308200001-n2.htm
2013.5.23 08:18 (2/2ページ)[殺人・殺人未遂]

男は別の高齢男性にも同じ質問をしたが、男性に否定されると、「日本人だったら誰でもやったるんや」と叫び、新たな標的探しに移ったという。マンションに逃げ込んだ男性は「男は正気ではなかった」と振り返った。




犬のふんをベランダから投げ捨てる… 逮捕の無職男、近隣住人とトラブルも
http://sankei.jp.msn.com/west/west_affairs/news/130523/waf13052311000009-n1.htm
2013.5.23 11:00

大阪市生野区新今里で男女2人が刺され、重傷を負った通り魔事件で、逮捕された無職の男(31)は、飼い犬の鳴き声やふんの始末をめぐって、近隣住人とトラブルも起こしていた。

男は最初の襲撃現場となったマンションの一室に家族と同居。住人の男性(58)は「犬のふんをベランダから外に投げ捨てるなど理解できない行動が多かった。髪の毛もぼさぼさで近寄りがたい雰囲気だった」と話す。

別の女性は、男がベランダで飼っている犬の鳴き声がうるさいと苦情を伝えたが相手にされなかったという。マンション周辺では路上に落ちているたばこの吸い殻を拾って吸ったり、自動販売機の釣り銭口に手を入れて小銭を探したりする姿も目撃されていた。




■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□




「日本人を殺す」重傷者を出した「生野区連続通り魔事件」 ウィキペディアから記事が突然削除されネットで騒ぎに
http://news.livedoor.com/article/detail/7757306/
J-CASTニュース2013年06月11日19時04分


韓国籍の男(当時31歳)が「日本人なら何人も殺そうと思った」などと供述したと報じられた「生野区連続通り魔事件」。男は「日本人か?」と聞きまわり包丁で2人の男女に重傷を負わせた忌まわしい事件だが、その記事がネット百科事典「ウィキペディア(Wikipedia)から突然削除されたとネットで騒ぎになっている。

「ウィキペディア」の記事が削除される場合は審議、投票など段階を踏むが、いきなりだったため、削除の背景に何があったのか様々な憶測が広がっている。

記事に暴力的または猟奇的な記述が含まれている?
大阪市生野区新今里で2013年5月22日朝に起こった「生野区連続通り魔事件」は実に奇異な事件だった。報道によれば男は道路やマンション、雑居ビルなどに立ち寄り「日本人か?」などと質問し日本人だと答えると包丁を持って追い掛け回した。逃げ延びた人もいたが2人が包丁で切りつけられるなどして重傷を負った。警察の取調べで男は「生粋の日本人なら何人も殺そうと思いました」と供述しているという。


産経新聞によると、男は韓国籍で約3年前から精神疾患で入退院を繰返し、逮捕後も意味不明の言動を繰返していたという。読売、朝日、毎日は国籍については報じておらず、いずれも通院歴に触れながら、「府警は責任能力の有無について調べる」としている。東京本社版での記事の扱いは余り目だたず、事件報道につきものの続報は、その後、大手紙からはほとんど出ていない。


この事件をまとめた記事がネット百科事典「ウィキペディア」にも掲載されたが、それがいきなり13年6月8日に削除された。「ウィキペディア」の場合は記載に誤りがあった場合など、誰でも書き換えることができ正確な表現に近づくため、実際に起こり報道された出来事がいきなり削除されるというのは前代未聞だとネットで騒動になった。削除されるのは変だとして、新たに記事を編集して再度アップしたユーザーもいたのだが、
「このページは即時削除の方針に従い、まもなく削除される予定です。この記事には暴力的または猟奇的な記述・表現が含まれています」
などと「ウィキペディア」に告知が出て削除されてしまった。


「ウィキペディア」から記事を削除するための手順は、まず管理者に削除依頼を出し、管理者は依頼が正当な理由であるかを判断、その後ユーザーの投票によって削除するかどうかを決める。得票数や賛成反対の割合がどれくらいで削除になるのかははっきりしていない。


再度掲載を求めウィキペディアに記事の復帰を依頼
なぜ削除することになったのか。削除依頼をした人や削除に賛成の主張が「ウィキペディア」に掲載されていて、そこには、「記事にするほどの特筆性を有していない」「1ヶ月もすれば話題に上らなくなる」「ウィキペディアはニュースサイトではない」「百科事典的な記事に成長する見込みなし」「過剰な関連付けの感が強く、適切な編集とは言い難い」「被疑者の前歴(病歴)を考慮すると、ヘイトクライムと見做せるかは現状では判断できない」などが書かれている。

これに対して削除反対の意見もあり、
「信頼できる複数の情報源から十分に執筆されておりWikipedia特筆性の基準を十分に満たしている。ケースEによる削除提案は個人的には正気?と思ってしまいました。正気ですか?」

「多数の報道機関で報道された事件については積極的に削除しようとする動きには疑問を感じます」
などが出ているが、記事が削除された時点では削除賛成が5、反対が4だった。ネットでは今回の削除について、

「削除5票、存続4票で、即削除とかありえない。この状況で、削除の対処した管理者がおかしいよ」

「この事件が恐ろしいのは、単に頭がイッてる『無差別通り魔』じゃなくて、日本人を狙った『差別通り魔』だってこと」

などの意見が出ていて、何らかの「黒幕」がいるはずだと様々な憶測が広がっている。ネットでは現在、有志が削除には不審な点がみられるとし、ウィキペディアに対して削除の復帰依頼を出している。






目覚めたひとのブログ*
[PR]
by koubou-ohayou | 2013-09-07 00:56 | youtube・ニコニコ動画