日本の国益


by Jam
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

◆在日韓国人の猟奇犯罪は報道されない韓国


http://touaseikei.matomesakura.com/?eid=872

--ここから--


最近の日本社会を震撼させた事件がある。
事件の場所は関西の小都市、尼崎の倉庫で、ドラム缶にコンクリート詰めにされた密封された死体が発見された。



捜査はまだ進行中だが、現在明らかになっている内容だけでも事件の全貌はまさに衝撃的である。64歳の女性が手足のように従えている親族を連れて、穏やかに暮らしている他人の家にを乗っ取り因縁を付けて責め立て、家の主人を監禁し、その家の財産はもちろん家族まで順番に、まるで自分の所有物のように扱っていたのだ。


その中で想像を絶することが起きた。
家族同士で-騒音がうるさいと、子が親を殴り、逃げれば再び捕らえて、残忍なリンチを加えた。食事をさせず餓死寸前まで追いやると、服を脱がせ裸で、他人の家に行ってお金を借りて来いと命令し言うことを聞かないと激しい暴行を加えた。 ドラム缶から発見された死体は60代女性の死体だったが、主犯である64歳の女性が 死亡者の娘と夫に暴行を強要して、子供と夫が妻を死に至らしめた。


暴行を拒否すると主犯である女性は、自分の部下にあたる屈強な男性に命じて過酷なリンチを加えたので恐怖に怯え、母、妻を暴行した猟奇犯罪だった。 そして、こういう事件は日本では何度も発生し、被害者、あるいは死亡者・行方不明者も複数人にのぼる。



驚いたことに家族に暴行を加え、ドラム缶に遺体を入れて遺棄した容疑者は在日韓国人だった。さらに、主犯と長い間、内縁関係にあった男性も在日韓国人である可能性が高い。 日本社会だけでなく、在日韓国人社会にも衝撃を与える内容であることは否定できない。


在日韓国人の犯罪は韓国とは無関係なのか?

さらに驚くべきことは、連日、新聞社会面のヘッドラインを飾ってTVニュースのトップ記事で報道されるなど日本社会を衝撃のどん底に叩き落とした、このニュースは、韓国では全く報道されなかったという点だ。


単純ゴシップ的な日本野球選手の離婚のニュースは、数十、数百回報道されている韓国で 在日韓国人が関与した大規模な事件の報道が全くなされていないのは驚くべきことではないか。


日本で韓国人が猟奇的な犯罪を犯したとしても韓国の一般市民が罪悪感や反省をする必要はない。しかし、少なくとも、なぜそんなことが起こるのかをよく考察し、そのようなことが二度と起こらないようにしようとする努力くらいはすべきではないか?


一部の者は在日韓国人の犯罪や在米韓国人の犯罪について「その国の社会的矛盾、あるいは特殊な事情のために生じた事」と言いながら、知らないふりをしたりする節もある。 しかし、そういう韓国でも若い女性を残忍にも200個もの切り身に切断して殺害した 朝鮮族オウォンチュンの事件も"韓国社会の問題"ではないか?


筆者は韓国社会が原罪意識を持てとは言わない。
しかし、このような事件は少なくとも韓国社会がつくづく悩まなければならない問題だと思う。つまり、在日韓国人たちが日本社会に正しく馴染んでいないとか、犯罪率が高いとか、 進学率が低いといった問題は、その理由や解決方法に対して真剣に考えなければならないと思うのだ。


そしてそれは、日本の野球選手の些細な離婚のニュースよりも、韓国社会の発展のために役立つだろう。


11月8日には日本のホストがタクシー運転手を暴行したという記事が韓国のニュースに登場したが、果たしてそのようなニュースが韓国社会にどのように役立つのか? 編集権やニュースの選択権は、マスコミの固有権限である。しかし、それは読者の民度"とも関連が深い。


韓国のニュースはいつしか低俗化して、海外の猟奇ニュース展示場になったような気さえする。政治や時事専門ジャンルがあるようにスポーツや芸能やゴシップ専門メディアもあることから、そのようなニュースが全然役に立たないということではないだろう。


しかし、"マスコミ"という看板を掲げている場合、ある程度のバランス感覚が必要ではないか?

"ニュース"という自己満足と愛国者のためだけの情報を集める必要はない。


http://www.bignews.co.kr/news/article.html?no=238428
ビッグニュース(韓国語) 2013-01-1710:26:54
--ここまで--




日本人が知らないレイプの実態





2013年04月のデモ・街宣のお知らせkira3
目覚めたひとのブログ*
[PR]
by koubou-ohayou | 2013-04-13 18:58 | 在日韓国朝鮮人