日本の国益


by Jam
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

今日は竹島の日

******************************************************

↓栃木市↓
■自治基本条例案のパブリックコメント(意見募集)

栃木市がめざしているのは常設型!!
募集期間 平成24年1月20日(金)~
平成24年2月29日(水)※必着

・Eメール 
soumu@city.tochigi.lg.jp

問合せ先→  栃木市役所 総務課 (0282-21-2311)

******************************************************

【名古屋】署名のお願い

署名(名古屋)
在名古屋中国総領事館に
国有地・名城(めいじょう)住宅跡地を売却することに反対します

http://www.tokai-denso.com/ganbare/syomei.pdf
中国への名城住宅跡地売却に反対する会

詳細はこち

2012年2月2日衆議院予算委員会にて
youtube


中国領事館建設 政府が内諾
2012年2月1日(水)
ちょっと、どうなってるのこれ????

名古屋市政へのご意見

名古屋の中国領事館、移転断念へ
2012年01月24日11時40分 J-CASTニュース

******************************************************

【人権侵害救済法案反対!!!】抗議のメールを送りましょう!!! 
法務省が人権救済機関設置法案の概要を発表

お願いしたいこと
↓詳細はこちらでご確認下さい
http://ameblo.jp/000hime/entry-11109050543.html

******************************************************

【外国人参政権】・【人権侵害救済法案】
に断固反対します


■私も署名しました■
↓ オンライン署名サイトはこちらです ↓
【外国人参政権】・【人権侵害救済法案】に断固反対します
*期限 2012年09月26日
「外国人参政権」「人権侵害救済法案」とは?


******************************************************

通名禁止!!


******************************************************

2月22日 竹島の日


これはなにも、竹島という
日本海に浮かぶひとつの島だけの問題ではないのです。

そういった日本国民に蔓延している無関心
事なかれ主義と言うものは、
いろんな所に飛び火していくのですよ。


【マリオン前】竹島の日 2月22日に訴える1【主権回復を目指す会】より





途中まで
(最初の方の所まで)の文字おこしとなります。
--ここから--



実効支配とはどういう意味を持つのか

古い地図、古い文献、歴史的資料を持ち出し
歴史的背景に基づいて領有を主張する
それはそれでやるべきことではあるが
では、それだけで
韓国に奪われた竹島が帰ってくるのだろうか


領土の占有、占領というのは現実の力
力の行使
すなわち、その足で
その土地を踏みしめることによって効果を発揮するのです。

その力があってこそ、国際社会はそれを道理として受け入れる。
それが領土問題における実効支配というもの。

ですから非情に皮肉な言い方にはなりますが

南朝鮮がやっていることはあきらかな不法占拠です!!
違法行為ではあるが、領土問題における実効支配という観点で見れば
あれは正しいやり方と言わざるを得ない。

この竹島問題に関して実効支配、韓国による既成事実化というものが
深刻な状態にまで進展しているという事は、ご通行中の皆様方も
何らかの報道によって見聞きされていると思いますが

政治による外交交渉で、この問題を解決することはもはや不可能である。
では我々に残された解決の手段は何か

それは、力に対しては力
わが国が武力の行使をもって竹島を力ずくで奪還する以外にありません!!

いいですか?よく、「憲法9条があるから日本は侵略戦争は出来ないんだ」
という主張をされる方もいらっしゃいますけれども
わたしはそんな事は無いと思います。

竹島は日本固有の領土ですよ
それが韓国と言う外国によって侵略されているわけですから
それを奪還することは、正に正当防衛
自衛の為の戦いです。
それは現行の憲法の枠内でも充分に可能なことです。

わたしは憲法9条の問題では無いとおもいます。


それはすなわち、私を含めた我々日本国民が
韓国、南朝鮮の大使、ソウルの日本大使を召還し、そして国交断絶し、韓国と一戦を交えるその覚悟があるのかどうか、
そこが問われているのだと思います。



実際に武力行使をするとなれば、少なからず血が流れることになるでしょう。
その、正に覚悟を持って解決を目指して事に当たらなければ
この問題は永遠に終わらないということを
皆様方にはご認識いただきたいと思います。


いいですか、こういう話をしだすと「私は過激な主張には賛同できない」
「そこまでして日本海の島ひとつ、別に取り返さなくてもいい」
「それよりも私は目の前の自分の生活、今日1日がよければそれでいい」
その様に思われる方もいらっしゃるかもしれません。
しかし、これはなにも、竹島という日本海に浮かぶ
ひとつの島だけの問題ではないのです。

そういった日本国民に蔓延している無関心
事なかれ主義と言うものは、いろんな所に飛び火していくのですよ。

例えば尖閣にしてもそうです。
あるいは領土問題ではなく、例えば原発の問題
あるいは消費税の問題
そういった生活に直結する問題に関しても
上に立つものが何もしない
おかしな事を好き勝手にやる
そういった状況になっても、みなさん
我々を含めた日本国民が無関心を貫いているのでは
なにもものを言う資格が無くなってしまうのです。

皆さん、わが国の国益を守るのは勿論政治家、官僚の仕事です。
しかし、国の名誉、尊厳、そして主権を守り抜く為には
我々日本国民がそういった意識を持って、声をあげて
具体的に行動していかなければならないのであります。

今こそ決起しようではありませんか!!


日本国民は、無関心、事なかれ主義を正して
竹島問題に関して声をあげよう!!

日本国民は決起して声をあげよう!!

我々は韓国(南朝鮮)と戦わなければならない
日本国民はその戦いを覚悟せよ!!

韓国(南朝鮮)と一戦を交えることを覚悟せよ!!


我々は韓国(南朝鮮)と刺し違えてでも必ず竹島を奪還するぞ!!
我々日本国民は、我が祖国日本の為に韓国(南朝鮮)の侵略と戦うぞ!!
最後の最後まで戦うぞ!!

--ここまで--



人が他所の国に行く
自分達がまた他所の国の人間を受け入れる

その根底にある入管法の前提にあるのは

外国人が来るならば、少なくとも我々日本に対して利益をもたらす人間だから受け入れる

利益をもたらさないまでも、少なくともわが国に対し、不利益をもたらすような人間
わが国に対して敵対心を持つような人間を受け入れる国はありませんよ!


【マリオン前】竹島の日 2月22日に訴える2【主権回復を目指す会】より

目覚めたひとのブログ*
[PR]
by koubou-ohayou | 2012-02-22 21:32 | 竹島・日本海