日本の国益


by M
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

タグ:移民問題 ( 13 ) タグの人気記事


移民問題が「タブー」でなくなったわけ
http://www.newsweekjapan.jp/joyce/2014/07/post-81.php
2014年07月17日(木)12時57分


ここ数年、僕たちイギリスの国民は、一部の政治家からこんな寛大な言葉を聞かされてきた。移民について懸念するのは、決して人種差別なんかではないですよ――。

 こんな「お許し」が出たのは、大きな変化だ。10年以上にわたり、多くのイギリス人が移民の大量流入に懸念をおぼえながらも、そんな心配を口にしようものなら非難されてきたのだから。僕の友人の1人も、大量の人々を外国から輸入するという事実上の「政策」をずばり批判したために、事あるごとに人種差別主義者だと非難されていた。

 僕は、もっと慎重に発言するようにと彼をたしなめたこともあった。それに正直に言うと、数年前ならこのブログにこんなことを書くのすらためらわれただろう。

(略)


■社会的な死をもたらす話題

 移民は大きな問題だが、つい最近までは話すこともままならない事実上のタブーだった。移民政策を問題視すれば人種差別主義者と呼ばれた。現代のイギリスでこう呼ばれたら、社会的に抹殺され、政治キャリアもおしまいだ。


(略)

移民には総じて経済的メリットがあるという事実は広く知られている。
移民は働いて税金を払うし、高齢化するイギリス社会の年金制度を支えてくれることにもなる。移民はイギリス人より低賃金で働いてくれるので、物価も抑えられる。例えば、農産物を収穫するのは主に移民労働者だ。移民に利点があることに異論はない。


 とはいえ、長年語られずにきたデメリットもある。
興味深いことに、そうした移民のデメリットの影響を受けるのは、ほとんどがいわゆる低階層の人々だ。まず、低賃金労働者が大量に供給されると、イギリス人の労働者階級は自分も低賃金で働くことを受け入れるか、失業するしかなくなってしまう(移民の多くは、最低賃金でも母国の賃金に比べればずっと高いので満足だ。微々たる貯金も、母国の家族に送れば大金になる)。



 移民はさまざまな側面で負担になっている。中期的にはもちろんのこと、長期的にもそうなるかもしれない。

(略)

国民保険サービス(NHS)が破たん寸前なのも、イギリス人よりも子だくさんな移民がイギリスの国営医療制度をすぐに無料で利用できる、ということが少なからず影響しているだろう。


 個人的にひどいと思ったのが、移民の大量流入についてイギリス人に民主的選択が与えられていなかったことだ。選挙の際のマニフェストにも記されないまま進められ、今や廃止もできなければ制限も難しい政策になってしまった。ブレアとブラウンの労働党政権下で移民は野放し状態だった(内務省は合法的な移民の数も不法移民の数も、滞在者数も把握していないことを事実上認めている)。

(略)



■膨らむ中産階級の不満

最近、労働者階級より上の階層も移民のマイナス面を感じ始めていることに僕は気付いた。中産階級の若者(35歳未満)の多くは(生まれながらの権利と信じて疑わなかった)ロンドンの住宅を買うことができなくなっている。
貧しい移民が多くの公営住宅や安い賃貸住宅を占拠する一方で裕福な駐在外国人はロンドンの不動産を投資対象として買い占め、肝心のロンドン市民が締め出されている。


 僕にはロンドンの一等地にすばらしい家を所有している友人が2人いる。2人とも自分の子供を地元の公立学校に通わせるつもりだった(2人とも公立学校出身だ) でも下見したところ、さまざまな国から来た移民の子供たちで教室はあふれかえっていた。イギリスに来てまだ日が浅く、英語が母国語ではない子が多いので、1、2年生のクラスは英語を教えることで精一杯になることが分かった。ということは、友人の子供はその期間を無駄にすることになる。2人とも、大金を掛けて私立学校に通わせるしかないと感じたそうだ。


 長年のあいだ、文化摩擦に苦しんできたのは貧しい地域の人々だった。高齢のイギリス人の団地住民は、次第にサリーやブルカ姿の女性に圧倒されていった。それが今では移民の規模はこうした地域を超えて拡大する一方。小さな町や村では新入りの移民が曜日構わずごみを捨てたり、(あえて国名を挙げれば)ポーランド人の若者が夏に毎日、庭先で母国語でラップをがなりたてていたりする。


 今になって移民を疑問視してもいいという政治家が出てきたのはなぜか。彼らがたいして気にかけていない「一般大衆」だけでなく、政治家と付き合いのあるそれなりの階層の人々にまで、移民問題が影響を与えるようになったからではないだろうか
――そんなふうに強く感じるのは、僕が皮肉屋だからだろうか。

--ここまで--




↓この噂は本当だった・・・

芦屋はパチンコ店がなく、とても静かで住みやすいと聞きましたが本当ですか?
http://komachi.yomiuri.co.jp/t/2004/0706/006633.htm

>「ほんとですよ。
> パチンコ屋さんはありません。市の条例などで禁止されているんです」

えええええええええ!





兵庫県芦屋市には、パチンコ店が無い。
http://kawahigashi-d.jugem.jp/?eid=2

「芦屋市生活環境保全のための建築等の規制に関する条例」があり、許可を得る条件が高くて、実質的に開店が出来ないようになっている。
※「パチンコ・パチスロ店の遊技場の営業(建築)を許可しない」ではない。

簡単に説明すると、建築する際に市長に建築計画届出書と共に関連する資料を提出し、市長の許可(同意)を受けなければならない。
だが、遊技場(パチンコ・パチスロ店)については建築してはならない区域を設けており、結局、許可が貰える場所が非常に限定的になる為、集客が見込めるような場所での営業(建築)が出来ないようになっている為、結果的に芦屋市にはパチンコ屋が1店もない。
(以下略)
--ここまで--



↑遊技場(パチンコ・パチスロ店)については建築してはならない区域を設けており
許可が貰える場所が非常に限定的
・集客が見込めるような場所での営業(建築)が出来ないようになっている


集客が見込めるような場所 →例えば駅前とか、そういった人が多く集まる場所には遊技場(パチンコ・パチスロ店)を建築出来ない様になっているって事かな。




「芦屋市生活環境保全のための建築等の規制に関する条例」
決まったのはいつ?

http://www1.g-reiki.net/ashiya/reiki_honbun/n700RG00000488.html
>○芦屋市生活環境保全のための建築等の規制に関する条例
>平成8年3月6日 条例第1号
--ここまで--




■芦屋市にはパチンコ屋が無い
http://www.wakamiyaken.jp/topics/topics.cgi?page=10

兵庫県・芦屋市には、パチンコ屋が無い。国際住宅文化都市ということもあるが、やはりなんといっても、市の行政がしっかりしていたから、今までパチンコ屋の進出を許さなかった。

芦屋市の、広報課に確認したら、平成7年にパチンコ屋が芦屋市に進出しようとしたので、市では、将来的にもパチンコ屋を進出させないため、今から16年前の平成8年3月に次のような条例を作った。

○芦屋市生活環境保全のための建築等の規制に関する条例
平成8年3月6日
(以下略)

--ここまで--


目覚めたひとのブログ*
[PR]
by koubou-ohayou | 2015-04-13 22:56 | 移民問題


スイスでも移民問題 刑務所の囚人の7割が外国人犯罪者




行動する保守運動のカレンダー全国版
目覚めたひとのブログ*
[PR]
by koubou-ohayou | 2015-01-29 14:24 | 移民問題


桜井誠@Doronpa01
平成27年1月24日(土)ブログを更新しました。我が国の現状を考え1億人のラインを守ることが本当に正しいのか?を考察しています。三回続きの最終回となります。是非ご覧ください。

→移民について考えよう 後編




行動する保守運動のカレンダー全国版
目覚めたひとのブログ*
[PR]
by koubou-ohayou | 2015-01-26 12:40 | 移民問題


桜井誠@Doronpa01
平成27年1月21日(水)ブログを更新しました。北欧の移民問題を取り上げています。
労働移民から不労所得者へと変貌する北欧の移民たち。なぜこのようなことになったのか?移民問題を考える全ての方にお送りします。


→移民について考えよう 中編




行動する保守運動のカレンダー全国版
目覚めたひとのブログ*
[PR]
by koubou-ohayou | 2015-01-21 16:34 | 移民問題



桜井誠@Doronpa01
おはようございます。平成27年1月18日(日)ブログを更新しました。
前篇は移民政策のカテゴリーについて考え、現在移民政策を進めようとする政府の対応が正しいのかどうかを検証しています。是非ご覧ください。


→移民について考えよう 前篇




行動する保守運動のカレンダー全国版
目覚めたひとのブログ*
[PR]
by koubou-ohayou | 2015-01-19 15:20 | 移民問題

1400人の英少女が性的標的、パキスタン系が白人狙い売買 報告がイスラム社会に衝撃
http://sankei.jp.msn.com/world/news/140831/erp14083119060013-n1.htm
2014.8.31 19:06 [性犯罪]



【ロンドン=内藤泰朗】英中部ロザラムで、昨年までの16年間に1400人以上の子供が組織的な性的虐待を受けていたとの調査報告が公開され、地元政治家や警察への批判が高まっている。主に白人の少女を狙い人身売買をしていたとして、パキスタン系の男ら約10人が訴追されており、英国内のイスラム移民社会にも動揺が広がっている。

独立した専門家がまとめて8月26日に公開された報告書によると、虐待者たちは性的な欲求を満たすため、家族と離れ、施設に入れられた白人の少女たちに接近。贈り物や酒、麻薬を与えて強姦した後は、暴力を振るったり銃を突きつけて脅したりして口を封じていた。ガソリンをかけて火を付けると脅迫したり、11歳の少女を多数で強姦した例もあったという。

被害者にはパキスタン系など非白人の少女たちもいるが、報告書は、イスラム社会での村八分を恐れて告発できない可能性があるとして改善を求めた。

問題が長く放置されてきた背景については、ロザラムのパキスタン系地方議員らが問題解決を妨げていたと説明。議員らは、事実を公にすれば人種差別をあおり、反移民など過激な政治勢力が台頭すると懸念を示していたという。

しかし、英メディアは「地元当局が人種問題を避け、対応を怠ってきたことが問題を深刻化させた」などと批判している。

人口約25万のロザラムで、パキスタン系は約3%を占める。
--ここまで--


反差別の人達
「マイノリティー(少数派=絶対弱者)なのだ。
批判する事は許されない!
この差別主義者!レイシスト!ネトウヨめ!」


その影で自国の子供達がどんどん犠牲になってますけど
そんなの知ったこっちゃ無いんだよね?




→http://jpn2011.exblog.jp/22311742/




南関東地区 デモ&パレードのお知らせ2674年7月/8月
南関東地区 デモ&パレードのお知らせ2674年9月/10月
行動する保守運動のカレンダー全国版
目覚めたひとのブログ*
[PR]
by koubou-ohayou | 2014-09-01 18:45 | 移民問題

1 :名無しさん@おーぷん:2014/06/11(水)23:56:28 ID:???

※埼玉の東京に近い町に住んでるんだが。
全然ニュースや、報道されないけど、毎週、隣国人からのデモ行進や大喧嘩など発生している。

あと、夜中に強引に女の人に抱き着いて、車に連れ込もうとし、サラリーマンたちが止めに入っているのも平然と駅前で発生している。

こないだ、NHKラジオ放送聞いて居たら、いきなり韓国語の変な放送に切り替わった。

無線かラジオやって居る奴なら分かるけど、まるで周波数を変えて行くかのように「ブー、ザザン」と音がして切り替わった。

こんな異常事態なのに、本当に新聞にもニュースにもならないんだよ!

あと、マンションを建てるだかの予定だった敷地にパチンコ屋が立つことになったり、個人経営の焼肉屋が今月だけで5件もたつ。

あと、自衛隊・警察官って日本人以外慣れないよな……?
こないだ、明らかに隣国人だろう人が「自衛隊への入隊きまりそうv」ってマックで話してた。ちなみに、なんでそう判断したかと言うと、大声・携帯電話での話し方が向こうの国だと思う(英語と日本語ではない)

……マジヤバイ。
ゲーム屋の前に張ってて子供からカツアゲして居る奴が今日は居た

どうなってるんだ、この町……。





→【移民問題】埼玉県川口市の治安がヤバいことになっている
韓国中国
元スレ:【ヘルプ】俺の町がおかしい。









南関東地区 デモ&パレードのお知らせ2014年5月~6月
行動する保守運動のカレンダー全国版
目覚めたひとのブログ*
[PR]
by koubou-ohayou | 2014-06-13 16:26 | 移民問題


【速報】安倍首相が明確に発言「日本に移民は必要ない、内閣でも検討していない。特定秘密法案はスパイを裁くためのもの、日本には多数のスパイがいる」(動画)
http://hosyusokuhou.jp/archives/37664835.html
2014年04月20日19:24 | カテゴリ:移民 自民党




http://kukkuri.jpn.org/boyakikukkuri2/log/eid1550.html より
文字起こしがありましたので(全文だと長いので)移民受け入れの部分だけ転載
全文は上記url先でご確認ください。

--ここから--
e0241684_1662243.png

(21)日本の国力を維持するためには、移民の受け入れも必要だと思う。→×

辛坊:
これ、今ちょっと政府の大きな流れと違うんじゃないかって話もありますけど、後ほどちょっと聞きたいと思います。


次に、いよいよ移民の受け入れ問題について。
口火を切ったのは宮崎さん。
ここは間投詞以外は省略せずに起こします。
e0241684_1673537.png

宮崎:
これも国の根幹に関わる問題なので、ぜひ伺いたい、移民政策について伺いたいんですが、安倍さんは明確にそこにお書きになってますように、国力維持のために移民の受け入れも必要かという問いに対して、NOと答えられています。しかし政府部内には、例えば、外国人技能実習制度を規制緩和することによって、事実上、定住に近いような形の外国人をどんどん増やしていこうと、いうふうにしているのではないかというふうに思えるような動きというのもありますが、これについて…。
金:
私これにね、具体的な実は提案があるんですよ。例えば台湾やね、シンガポールのように女性が非常に社会的に活躍している国ではね、やはり外国人労働者っていうかそういうような、ま、ヘルプをね、制度として作ってるんだけど、いきなり移民じゃないんですよ。移民ではあり得ないわけ。だからその期間を区切って、どうするかっていうこと非常に細かいね、細則が決められてるんです。それを参考になさるべきだと私は思ってます。いきなり移民っていうのは非常にね、問題だと私は思ってますから、だから、だけど絶対に必要なんですよね。足りない労働力をどういうふうに補完するか。だから、色んな国でやってるんだからそれを参考にしながらね、どういうふうにするのが一番合理的かっていう…。

加藤:
しかし総理、毎年20万人を50年間、1000万人っていう自民党の中の案は、これはあまりにも危険すぎると私は思いますけど、それも含めてどうですか。

総理:
だいぶ誤解があるんですが、政府でですね、この20万人の移民計画とか、いうことを考えてるということは全くありません。移民とは何だということになればですね、まぁまさにアメリカは移民の国ですね。世界から色んな人々が集まってきて、国をつくりました。つまり、その国にどんどん海外から人々がやって来て、その国の一部を成すようになっていくということなんですが、それは採りません。ま、しかし一方ですね、一方、日本は人口が減少していく中において、色んな生産現場において人手不足になっていくことは、間違いがありません。で、そこでですね、さっきお話のあった…。

宮崎:
外国人技能実習制度ですね。
e0241684_1685858.png

総理:
技能実習制度なんですが、研修制度なんですが、これをですね、抜本的に改革はしていきたいと、考えています。でもそれはですね、いわば移民政策ではなくて、3年とか5年とかですね、期限を切ってですね、技能を実習しながら、しかしそこで、大切な仕事、役割をしていく、ということなんですが、でもその中で、もう少し、技能実習ということについてですね、本当に現場はそうなんですかと。現場のニーズに合わせながら、あるいは、そこで人権侵害が行われないようにすることも大切ですから、そういうものはやっていくと。いわば、移民を受け入れてきた多くの国々がですね、様々な摩擦が起こって、入って来た人々もそこにいる人々もですね、不幸な出来事がたくさん起こってますから。

宮崎:
今、大幅な見直しが各国で起こってますね。

総理:
そういうものをですね、我々むしろ、あとからそういう政策を考えていく中においては、参考にしながら、その中では、移民政策ということではなくて、年限を限って、そこで収入をあげていただいて帰っていただくと。

宮崎:
もしそうだとするならば、在留年限というものをきちんと守ると。もう3年なら3年、5年なら5年で必ず帰っていただくということと、再入国をある程度規制する必要があると思いますが、これはきっちりやっていただけるということでしょうか。

総理:
今まさにそういうことをですね、議論をしていると、いうことなんですね。

加藤:
それ(番組が用意した質問内容)人口減少を国力の低減みたいなのは、ちょっと違うんじゃないですか。なぜかというと、イギリスは現に今、日本の人口の半分の6000万人しかいない。しかしGDPは確か5位か6位かを維持してますよね。半分でもそれぐらい維持できるんなら、日本の人口は1億を切ってもですね、さほど心配はないんじゃないかと私は思うんですが。逆に、増やすことによって非常に治安が悪くなるとか色んな、文化上の摩擦とか、そっちのマイナス面の方ももっと考えるべきだと思いますけど、いかがですか。

総理:
基本的にはですね、まさに目の前の課題としてですね、世界から様々な才能ある人が日本にやってくると。そういう国は、これイギリスもそうですけれども、いわば伸びていくことができてます。典型的にはアメリカもそうなんですが。日本もやはりそこには学ぶ必要があると思いますね。それとまた同時にですね、女性の活力は日本では今まで生かされていませんでしたから、まさにここには大きな可能性がありますから、ここを生かしていく。あるいは65歳を超えたってですね、みんな元気ですから、そういう皆さんにも、もちろん働き続けていただけるような環境を作っていく、ということを我々が検討しているということなんですけどもね。

移民の話はここまでで、続けて津川さんが特定秘密保護法について。
(以下略)

--ここまで--






↓最後の方を少しざっくり書くと、


外国人技能実習生度
発展途上国などから来日する外国人が、高度な技術・技能を習得するため一定期間の研修を受ける。その後、研修を受けた機関・企業との雇用関係の下で在留資格を認める制度。



総理:
移民政策ということではなくて、年限を限って、そこで収入をあげていただいて帰っていただく。


宮崎:
もしそうだとするならば、在留年限というものをきちんと守ると。もう3年なら3年、5年なら5年で必ず帰っていただくということと、再入国をある程度規制する必要があると思いますが、これはきっちりやっていただけるということか。


総理:
今まさにそういうことを議論をしている。


加藤:
人口減少を国力の低減みたいなのは、ちょっと違うんじゃないか。日本の人口は1億を切ってもさほど心配はないんじゃないかと私は思うんですが。逆に、増やすことによって非常に治安が悪くなるとか色んな文化上の摩擦とか、そっちのマイナス面の方ももっと考えるべきだと思いますけど


総理:
基本的にはまさに目の前の課題として→世界から様々な才能ある人が日本にやってくると。

そういう国は、イギリスもそうだが伸びていくことができる。
典型的にはアメリカもそう。
日本もそこには学ぶ必要があると思う。

女性の活力を生かす。
65歳を超えてもみんな元気なので働き続けていただけるような環境を作って行く事を検討している。





加藤さんという方の
「外国人を増やす事によって、治安の悪化や文化上の摩擦などマイナス面の方ももっと考えるべきだと思いますけど」という投げかけに対しての安倍さんの答えが・・・ん〜。


収入をあげていただいて帰っていただけるのだろうか!!





南関東地区 デモ&パレードのお知らせ2014年3月~
目覚めたひとのブログ*
[PR]
by koubou-ohayou | 2014-04-21 18:18 | 移民問題

多文化主義の地獄

多文化主義の地獄 スウェーデン

http://www.youtube.com/watch?v=QGLMVd9SuOE&feature=youtu.be



無駄遣いな多文化共生 イギリス 移民問題

http://www.youtube.com/watch?v=StUxqBoqb2w




日本への警鐘 ⇒ 「移民」を受け入れた英国が、大変な事に ((((((

http://www.youtube.com/watch?v=6vTWSrY2ryY




イギリスで始まった一国二制度 移民問題 ロンドン

http://www.youtube.com/watch?v=0fjztxZ2MZw



ニュースキャスター
「イスラム強硬派がイギリスのロンドンで刑罰に手足の切断を含むイスラム法を施行しようとしています。」

イスラム移民
「我々はイギリスとヨーロッパでイスラムとイスラム法が広がるのをもう止められないとここに宣言します。」

イギリス国民
「ここはインドでもパキスタンでもなくイギリスです。ここには我々の法律が有ります。外からやって来て、自分たちの法律を持ち込み、我々の法律を排除する権利などありません。」



↑日本でこの様な当たり前の事を言えば「差別主義者!レイシスト!」となります。




↓これ見つけたので貼っておきます。
e0241684_17593543.png






→ある臨界点を迎えたら、日本に移民が大流入する衝撃な未来
→これでも移民を受け入れますか?







目覚めたひとのブログ*

[PR]
by koubou-ohayou | 2014-03-22 14:04 | 移民問題


ある臨界点を迎えたら、日本に移民が大流入する衝撃な未来
http://www.bllackz.com/2013/08/blog-post_23.html より


(略)

何ら危機感もなく、その意味もよく分かっていない

日本人はすでに「人口減」の時代を迎えている。

2012年8月7日、厚生労働省は日本の人口動態統計で、「日本人の人口が1年間で20万人が消えている」と統計を出しているではないか。

少子高齢化というのは、そういう意味なのだ。

子供が産まれない。高齢者は先がない。子供が減り、高齢者が死に始めると人口が減るのは当然だ。もう3年も連続でそういった状態が続いている。

「いつか日本人が減る」のではない。2009年からもう日本人は消えて行く民族になっている。しかも、人口減は徐々に起きるのではない。団塊の世代が一気に高齢化して死んでいくのだから、人口は一気に減る。

人口が減るのであれば、人が減って共同体が維持できない場所が出てくる。これも、すでに起きていることだ。

日本の地方を見て欲しい。最初は村が限界集落となって死に、次に町が死に、次に地方都市が死んでいく。言わば、日本の末端が次々と「壊死」して行く。

今、それが私たちの目の前に起きている。地方は今、次々と崩れ去っている最中なのである。

なぜ、これが大きな問題になっていないのか。日本人の人口の多くは都市部に集中するようになって、もう誰もが地方や僻地には興味がないからだ。

だから、日本の末端が維持できずに荒廃して捨てられて消えて行くことに関しても何ら危機感もなく、その「意味」もよく分かっていない。




いずれどこかで立ちゆかなくなる瞬間を迎える

一方で、世界は危機的なまでに人口が増えている。貧困層が溢れんばかりに増えていき、どうにかして豊かさを享受したいともがき続けている。

そこに日本のように秩序とインフラの整った人口減で真空地帯のようになっている国があったら、そんな国に潜り込みたいと考えるに決まっている。

だから、世界中が日本に対して「移民を受け入れよ」と激しく糾弾しているのである。特に、日本を狙っているのは、中国と韓国である。現在でも、この2国が他を圧倒して日本に入り込んでいる。

2013年8月9日、財務相は、国債・借入金・政府短期証券を合わせた国の借金の残高が、2013年6月末時点で1008兆6281億円になったと発表している。

これは言うまでもなく世界でも最悪の規模である。政府は、常にこの負債を返すために、何とかして歳入を増やす政策が求められるが、ここに人口減が襲いかかってくる。少子化も、歳入を減らす。高齢化も、歳入を減らす。

国の借金の担保になっているのは、国民の貯金だが、若者は貯金ができず、高齢者は貯金を取り崩し、担保が日に日に毀損している。

歳入減に苦しむ政府は、いずれどこかで立ちゆかなくなる瞬間を迎える。崩壊していく地方、減っていく日本人、毀損する預貯金、雪だるまのように増え続ける累積債務。

すでに竹中平蔵のような人間が、移民を大量に受け入れよと発言し、マスコミを通じて国民や政府に促している。

どこかで臨界点を迎えたら、政治家の誰かが制度を変え、一瞬にして大量の移民が入り込むことになる。そうすれば、単純に人が増え、取り立てる税金も増え、地方にも人が回り、政府も歳入が増える。政治家の誰かが、それをする。

政治家だった中川秀直は、移民1000万人計画をぶち上げていた。この男は、人権擁護法案推進派で、日朝友好議員連盟メンバーだった。



1000万人、2000万人規模で移民が日本に入り込む

日本になだれ込んでくるのは、もちろん中国人と韓国人だ。彼らが1000万人、2000万人規模で日本に入り込む。そして、それが見る見る2倍になり、3倍になっていく。

彼らは自分たちが入り込むことによって、日本を侵食し、日本を自分たちの属国にできるという目論見が裏側にある。

場合によっては日本人を駆逐して、日本そのものを征服できるとも考えている。移民となって大量に日本になだれ込むことは、合法的に日本を略奪することであると考えているのである。

だから、彼らは群れをなして、大量に日本に流れ込んで来て、いったんそのような流れができると、ダムが決壊したようになって、押しとどめることは不可能になっていくだろう。

いったん移民の流れができると、猛烈な勢いで日本の真空を埋めていく。彼らは次々と日本の土地を買い漁り、日本人を追い出し、日本人の痕跡を消し去っていくことになる。

ヨーロッパで次々と子供を作るのは移民であり、新生児の半分が移民の子になっている国がある。たったの10年、20年でそのようになった。

それと同様の現象が日本でも起きて、やがて日本人が日本で少数民族になる日が来る。イスラエルで先住していたパレスチナ人が二級市民となったように、日本でも先住していた日本人が二級市民となるのは、ありえない話ではない。

なぜなら、日本人は少子高齢化を解決できないほど、弱った民族だからだ。

何があっても言いなりで、暴動もデモも起こせない民族なのである。尖閣諸島や竹島問題でも、配慮することしかできない民族なのである。

今のまま推移するのであれば、日本は考え得る中で最悪の事態を迎えることになるだろう。そういう動きになっていることを、日本人は気が付いているのだろうか?

日本の移民は、皮肉なことに反日国家の人々の大量流入を生み出す。

--ここまで--




→これでも移民を受け入れますか?




南関東地区 デモ&パレードのお知らせ2014年3月~
目覚めたひとのブログ*
[PR]
by koubou-ohayou | 2014-03-18 23:45 | 移民問題