日本の国益


by Jam
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

タグ:偏向報道 ( 1 ) タグの人気記事



→マスコミの偏向報道に憤慨している方、総務省のパブリックコメントに意見を出して...



平成24年12月21日(金)午後5時まで!


↓総務省が「放送法施行規則等の一部を改正する省令案等に係る意見募集」をしています。外国人が番組に影響を与えないような規制を盛り込むよう意見を送りましょう。



総務省
放送法施行規則等の一部を改正する省令案等に係る意見募集
【募集期間】平成24年11月22日(木)~平成24年12月21日(金)17:00必着



本日の午後5時までです!




凸凸凸 文例 凸凸凸
http://note.chiebukuro.yahoo.co.jp/detail/n103809

(↓ここから↓)

放送法施行規則等の一部を改正する省令案等に係る意見

ここ数年、テレビ放送において、偏向報道が多々見受けられます。
原因として、
・外国人株主が一定以上の株を所有していることからの影響力
・テレビ局員に外国人社員が多数入り込んでいること
・外国企業のスポンサー配慮
などが考えられます。
国民の財産である放送電波が、国民のため、国益のためではなく、外国人の利益のために優先される現状は、視聴率の低下や番組への不信感となり大きく問題視されております。
また、国運を左右する選挙の直前直後などには、
あからさまな特定政党・党首へのネガティブキャンペーンや偏向報道が張られ、
放送法の第2章 放送番組の編集等に関する通則の
第4条 放送事業者は、国内放送及び内外放送の放送番組の編集に当たつては、
次の各号の定めるところによらなければならない。
1.公安及び善良な風俗を害しないこと。
2.政治的に公平であること。
3.報道は事実をまげないですること。
4.意見が対立している問題については、できるだけ多くの角度から論点を明らかにすること。
に違反し、有権者を誘導するような姿勢が指摘されております。
このような姿勢はもはや放送テロと言っても過言ではありません。
マスコミが世論誘導、しかも外国の利益を優先するようでは、もはや日本のテレビ局とは言えません。

再免許等の申請の受付及び審査の際、
・「株式保有者の比率制限」及び「議決権を有する株主の比率制限」を報道に影響を与えないレベルに制限する
・外国人社員の数を厳しく制限し、例えば局長レベルの要職には日本人に限る
・放送法第三条の2などに著しく違反すると国民の意見が集中した場合の免許停止などの罰則を設ける
・違反がないよう、局内に内部監査の部署を設ける
などを盛り込むべきです。

日本の報道は日本人のためものではないと国民が感じ、抗議活動が継続される現状は異常です。
総務省にはこの機会に取り締まりを新たにしていただきたく存じます。

また、放送免許という国民の財産が既得権益のようにマスコミに安価に独占され、
国民のための報道提供を怠る現状を変えるため、そして財源にするため、
電波オークション制度の導入をお願いします。
日本の電波使用料は安く、その分テレビ局員給料が高額であることも問題です。
(文例ここまで)





意見提出は

↓こちらのリンク先ページの一番下の方に「意見提出フォーム」というのがあるのでそこをクリック。(意見提出締切日を過ぎた場合は、意見を提出できませんのでご注意ください。住所、氏名等の情報は任意)
→パブリックコメント:意見募集中案件詳細





意見提出の締め切りが本日午後5時という事で
取り急ぎ、簡単にまとめてコピペしました。
詳しくは各リンク先で確認してください。







12月のデモ・街宣のお知らせ

1月14日は尖閣諸島の日
2月07日は北方領土の日
2月22日は竹島の日
Web竹島問題研究所 かえれ 島と海


Takeshima
竹島バナーについて
2月22日は竹島の日



目覚めたひとのブログ*
[PR]
by koubou-ohayou | 2012-12-21 03:09 | テレビ