日本の国益


by Jam
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

カテゴリ:洗脳( 1 )



水間政憲(6)橋下徹_GHQ洗脳「真相箱」の手口なり!!より
2013/05/28 に公開


(略)
7:53
ある意味ね、今の言語空間はGHQ占領下の時より酷いですよ。はっきり言ってしまえば。

(略)

8:25~
要するにどういうことかと言ったら、学校の方は
「教育要領の中の指導に従って書いてるから何ら問題ない」って開き直っちゃうんですよね。

例えば討論討論ていう桜の番組でちらっと最後に言ったらみんな笑ってましたけど、、、東京女学館の問題は教育要領とか関係ないんですよね。


"朝鮮へ夏休みに旅行に行きました"と。
"下のaと映っているこの女性の着ている衣装は何と呼びますか"と。
答え:「チマチョゴリ」ですよ。


そして
"美味しく向こうで食べました。
この皿に乗ってる料理をなんといいますか"って。
答えは「キムチ」ですよ。


これ、教育要領と関係ないですよね。

そこまで来てますよ。東京女学館ですよ?
それが小学校6年生が受験する中学校の入試の問題。

で、いま極端な女学館の・・これが「極端か」といったらこれ極端じゃないんです。女学館、フェリスだとか、あらゆる所。小学生に解かせる中学校の入り口の入試問題。人生賭かるじゃないですか。それがね、(塾の先生で、)危機的な状況を知ってる方は親子で勉強すると。入れ込んで。
各過去問を、5年間の過去問を色々な中学校のを読んで徹底的に勉強する。で、親子で完全にね、お母さんの方が入れ込んでるからお母さんの方が完全に洗脳されちゃってると。

どういうことかといったらそれが「韓流ブーム」に繋がってるんですよ。間違いなく。恐ろしいことですけど。

それで、ワシントンで(日本人の方で)保育園を経営している人が居るんですね。で、慰安婦問題だとか日本海(東海)表記の時にその彼女の力でぶっ潰したと思うんですけどね、(ニュージャージーかなんかで。それでこっちも情報を提供したり。)その彼女曰く、一番の問題は、慰安婦問題でも駐在のエリート社員居るじゃないですか?例えば大手財閥系の商社マンの奥さんとか。大体お見合い結婚して挙げれば、雙葉、フェリス、聖心、女学館、そういう所のひとらしいですよ、奥様はね。

ところが、何を言っても「だって〜」
「だって〜仕方ないんじゃない?」って、
こういう言葉が返ってくる。


「だって仕方ない」


その根本が何なのかな?って良く分からなかったんですけど
ここ一年くらいで良く分かりましたよ。


その根本はまさしく「学校の教科書」じゃないんです。
入試問題でやられてるんですよ。

教科書は学びたくなければいくらでも・・ね、スルー出来ますけど、入試問題は女学館でもフェリスでも雙葉でも聖心でも中学校からエスカレーターでがーっと行っちゃうじゃないですか、大学まで。そしたらそれ入り口ですから、もう人生かかってる訳ですよね?

だからそこで洗脳されたらね、中々その洗脳を解除するっていうのは凄い難しいと思いますよ。


--ここまで--




↓こちらで東京女学館(他)の入試問題の内容を詳しく説明されています。
14:23あたりから

やまと新聞 水間政憲の「国益最前線レポート」#4 後編




「寒流ブームはその辺の韓国好きのおばちゃんがただ騒いでただけ!」って
こういう事を隠す効果にもなってない?




やまと新聞 水間政憲の「国益最前線レポート」#7【情報戦の実践講座①】
『1990年代のマスメディアに於ける慰安婦問題と南京問題のプロパガンダ』より
http://jpn2011.exblog.jp/22971478/


実際、南京問題・慰安婦問題も大体90年代から大きく韓国・中国で騒ぎ出しているんですね。それまではそんなに大きい問題ではなかった。その90年代に騒ぎ出したというのはどういうことかと言ったら、歯車の凹凸がある様に、日本側の戦後GHQの洗脳に一番強烈に洗脳された世代、それが河野洋平氏とかあの世代だった訳ですね、60年安保の世代。



やまと新聞 水間政憲の「国益最前線レポート」#7【情報戦の実践講座①】
『1990年代のマスメディアに於ける慰安婦問題と南京問題のプロパガンダ』より


だから常識のある人間ていうかね、公平に考えられる人間、(私中国人の友達が結構居るんで)居ますよ。そこがもう韓国人とは全然違いますよね。情報さえ与えれば公平に考える事が出来る人間が一杯居ますよね、中国人。

ところが絶対数が違うんですよね。

いつまで経っても(そういう上に立つ人間で、常識を持って話して)日本人は騙される。

100年前に騙されて、また騙される。

だから騙された世代が居なくなるとまた騙される。
その繰り返しなんですよ。






↓こういうのって大事だわって
つくづく思うのであった。


【日本人おばあちゃんの知恵袋】

日本人はな、お互い様やねん。
相手に一回譲ってもうたら、今度は自分が譲るねん。
そうやって、うまいこと回っていくねんけど、 『 あの人ら 』は違う。
一回譲ったら、つけこんできて
こっちはずっと譲らなあかん羽目になる。
それでも『あの人ら』は平気なんや。
カドたてんとことおもて譲り合うのは、
日本人同士だけにしとき。
そうせんと、『 あの人ら 』につけこまれて、
『 ひさしを貸して母屋を盗られて 』
日本がのうなってしまうからな。

嫌われることばかりをしてる人を嫌うのは、差別やない。
差別、差別と印籠のように突き出してくる人間こそ 卑怯者の差別者なんよ。




八木蛇落地悪谷

目覚めたひとのブログ*
[PR]
by koubou-ohayou | 2015-04-30 22:02 | 洗脳