日本の国益


by Jam
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

カテゴリ:日本人差別( 2 )



これは入門編としてはいいのかな、と思ったので↓



【ミコスマ】差別という言葉を利用した逆差別

http://www.nicovideo.jp/watch/sm22551412



  ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 

日本人差別とは何か?





デモ&パレードのお知らせ2014年1月
目覚めたひとのブログ*
[PR]
by koubou-ohayou | 2013-12-31 11:19 | 日本人差別


日本人差別とは何か?

http://www.youtube.com/watch?v=Ci0jk6IHxcY



動画説明

日本の左派・革新と呼ばれる戦後サヨク勢力は声高に「差別」問題や「人権」問題を主張­してきた。


しかし彼等は決して日本人自身の人権問題は取り扱わない。そこで完全に捨象された側(­日本人)の「人権」はどうなるのか。


あれら数多の「裁かれざる真の人道犯罪」に見て見ぬふりをして不問に付し、隠蔽しよう­とする行為はそれ自体が戦勝国側の人道犯罪に加担する行為ではないだろうか。


結局日本の戦後サヨクや既存のメディアが取り上げる「人権」は「特定の者だけの選ばれ­た人権」であって、そこで選ばれなかった者はそもそも「人権」を与えるべき対象として­すら認めてもらえない。これを「差別」と言わずして何と言うのか。


戦後体制による事実上の検閲によって「選ばれた人権」だけが優遇され戦後教育や公共放­送で大々的に啓発宣伝されるが、戦後体制そのものを揺るがしかねない「その他の人権=­日本人の人権」は発禁処分となり闇に葬られる。まさに社会制度化された凄まじい巨大な­差別がそこにあると言わざるを得ない。まさにこれこそが日本人差別である。


戦後体制の闇に葬られた「本当の人権問題」の被害者が存在する。それが日本人の人権で­ある。大規模な人権侵害は、むしろ人と人、集団と集団、国と国との間に「偏った権力構­造」があるからこそ引き起こされる。


「日本人差別」の場合は、戦勝国と敗戦国との間に歴然たる「偏った権力構造」があり、­その「構造的暴力」が不処罰の連鎖を生み「日本人差別」を生産し続けるのである。


日本人差別の本質は「戦果(戦争の結果)による差別」。
すなわち敗戦国民への虐待であ­り、排除であり、搾取に他ならない。その偏った権力構造は日本人に重くのしかかる。所­謂在日特権というのは言うなれば戦勝国論理に便乗した戦勝国民特権である。


一体どれほどたくさんの日本人が悔し涙をのんできたのか。
本当に深刻な差別問題・人権問題は「差別を告発することすら出来ない人たち」「人権の­回復を、尊厳の回復を告発することすら出来ない人たち」が依然として救済されることな­く無視され強引にねじ伏せられて問題が益々深刻化しているということにある。日本人の­人権は一体いつになったら救済されるのだろうか。しかしそれは構造的に不可能なのであ­る。


本当に深刻な人権侵害被害者が被害を告発すら出来ない状態(=告発してもまともに取り­扱ってくれない状態)に深く埋没してしまっている。まさに戦後体制の闇の中に埋没して­いるわけである。






デモ&パレードのお知らせ2013年11月30日~12月
行動する保守運動のカレンダー全国版
目覚めたひとのブログ*
[PR]
by koubou-ohayou | 2013-12-14 01:10 | 日本人差別