日本の国益


by Jam
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

カテゴリ:北朝鮮( 7 )



デヴィ夫人、拉致被害者家族に「諦めて」…ネット上で批判殺到
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150729-00000054-dal-ent
7月29日(水)16時48分配信


デヴィ夫人が29日、公式ブログを更新。北朝鮮の核兵器保持を支持し、さらには拉致被害者家族に「諦めていただけないでしょうか」とする持論を展開した。

ネット上では、このブログでの発言に対し、「ダメでしょう」「失礼にも程がある」「家族の気持ちも考えず…」などと批判が殺到。ほかにも、“自分の身に置き換えて発言してほしい”“自分の身内が拉致されても同じことが言えるのか”、などと非難する内容が、厳しい言葉で並んでいる。

デヴィ夫人はこの日、安保法案支持を書き込む中で中国の脅威を主張、翻っては自ら親交のある北朝鮮について「核を持って、何が悪いのでしょう。自分の国を守るための抑止力です」と、その核武装を肯定した。

さらには拉致事件について「あってはならないし、許されないことだとは思いますが」と断りながら「日本が戦争中に行ったことを考えたら、その比ではないでしょう」とし、拉致被害者家族に対して「伏してお願いしたい。日本と北朝鮮両国の為にも、諦めていただけないでしょうか」と、両国の国交正常化のためにあきらめるよう“お願い”した。

また、ブログには「少なくとも拉致された方々は、丁重に扱われていると聞いています」ともつづっている。

デヴィ夫人は、夫のスカルノ元大統領が北朝鮮の金日成主席と親しかったことから北朝鮮に親しみを持ち、この春にも北朝鮮を訪問している。
--ここまで--



この方、前からこういう所あったよね。




目覚めたひとのブログ*
[PR]
by koubou-ohayou | 2015-07-31 18:40 | 北朝鮮


フランス:北朝鮮工作員を摘発 国連機関職員ら3人
毎日新聞 2014年04月23日 02時30分(最終更新 04月23日 08時08分)

【北京・西岡省二、パリ宮川裕章】フランスを中心に活動していた北朝鮮工作員ら3人が国連憲章などに反したとして当局に摘発され、制裁を科されていたことが22日、分かった。工作員は海外工作活動の統括機関「偵察総局」に所属。国連教育科学文化機関(ユネスコ、本部・パリ)や国連世界食糧計画(WFP、本部・ローマ)の職員として働きながら、秘密工作に携わっていた疑いがもたれており、当局が実態解明を急いでいる。

2月4日付の仏経済財務省官報によると、3人は平壌出身。うち2人は偵察総局に所属するキム・ヨンナム(66歳または71歳)▽息子のキム・スグァン(37)の両職員。残る1人は朝鮮統一発展銀行のキム・スギョン国際関係局長(41)。

3人は、北朝鮮の核実験や挑発行為に対する国連憲章第7章(平和に対する脅威などに関する行動)に基づく制裁や、欧州連合(EU)の対北朝鮮制裁によって禁止された行動を取った。仏当局は3人の財産や金融商品、財源を凍結対象としたが、「違反行為」の詳細は明らかにしていない。

偵察総局は、工作員の養成から破壊工作まで手がけるとされる。最近の韓国の報道によると、偵察総局は情報戦に力を入れ、ハッキングを任務とするサイバー部隊を組織。また、韓国で相次いで見つかった無人偵察機の製造・運用に関与した可能性が高いとされる。

現地関係者によると、偵察総局に所属する2人はユネスコとWFPに分かれ、それぞれ職員として働いていたという。この関係者は「仏当局としては、国際社会と同調して制裁を発動することで、工作員の活動を封じ込める狙いがあるのだろう」と分析している。

北朝鮮は1998年にユネスコ加盟。2004年に高句麗古墳群が世界遺産に登録された。13年には開城(ケソン)の歴史的建造物群と遺跡群も登録されている。WFPは、慢性的な食糧不足が続く北朝鮮に食糧支援などを続けている。
--ここまで--




北朝鮮の工作員!
国連の職員として働きながら秘密工作に携わっていた!

日本には?!




南関東地区 デモ&パレードのお知らせ2014年3月~
目覚めたひとのブログ*
[PR]
by koubou-ohayou | 2014-04-25 16:58 | 北朝鮮
「挑発ヤメロ」ネットメディアら、朝鮮総連中央本部前で抗議
http://sankei.jp.msn.com/world/news/130212/kor13021216300012-n1.htm
2013.2.12 16:29 [北朝鮮]



北朝鮮による核実験が報じられ、朝鮮総連中央本部前で警戒中の警察官らにも緊張が走った=12日午後、東京都千代田区(中村翔樹撮影)

北朝鮮が核実験を行った12日、東京都千代田区富士見の朝鮮総連中央本部周辺では、警視庁麹町署員や機動隊員ら計約50人が警戒に当たった。

午後1時ごろには、同署員らが中央本部前の道路にフェンスを設置し、車両の通行を規制。午後3時ごろに数台の街宣車が付近を訪れると、機動隊員らが立ちふさがり、帰るように促した。「挑発ヤメロ」などと書かれた看板を持ったネットメディアを名乗るグループが抗議に訪れ、一時、機動隊員らに詰め寄る場面もみられた。

近くには法政大学の校舎があり、同大の学生らは、警備車両やパトカーが何台も停車する物々しい雰囲気に、表情を硬くしていた。

中央本部の広報担当者は産経新聞の電話取材に「産経新聞の取材には答えられない。コメントすることは何もない」と話した。
--ここまで--




早速「ネットメディアら」なんて書かれてるけど「お、おう」みたいな(笑)


【緊急】北朝鮮核実験に対する緊急抗議活動【在特会】



2013年02月のデモ・街宣のお知らせkira3

1月14日は尖閣諸島の日
2月07日は北方領土の日
2月22日は竹島の日
Web竹島問題研究所 かえれ 島と海


Takeshima
竹島バナーについて
2月22日は竹島の日



目覚めたひとのブログ*
[PR]
by koubou-ohayou | 2013-02-13 17:09 | 北朝鮮

北が米本土へ核攻撃連想の動画、ユーチューブに
http://news.livedoor.com/article/detail/7379930/
読売新聞2013年02月04日19時57分



【ソウル=中川孝之】北朝鮮の祖国平和統一委員会のウェブサイト「我が民族同士」は2日付で、動画投稿サイト「ユーチューブ」に、北朝鮮の核ミサイル攻撃で、米国本土が炎上する様子を連想させる動画を公開した。

北朝鮮は、3回目の核実験は「米国を狙ったものになる」と宣言しているが、露骨な映像で威嚇するのは初めてとみられる。


動画は、北朝鮮の写真家が大型ミサイル「銀河9号」で打ち上げられた宇宙船で、宇宙を旅するとの筋書き。長さ3分半で、コンピューターグラフィックスで作成したとみられる。

後半部分で、「米国のどこかから黒い煙も見える」との字幕に続き、写真家が宇宙船の中からカメラを向けると、爆発音と共に、ビル群が炎上している様子が映し出される。「悪の巣窟が、自ら放った炎で燃えている」との字幕も表示される。
--ここまで--





YouTube North Korea.
http://www.youtube.com/watch?v=HKWJSKYBDXE

BGMは"We are the world."だった。







e0241684_2339229.pngkira3

北方領土の灯kira3
知ってほしい、気付いてほしい、北方領土問題。
2月6日は北方領土の灯イベント開催。






2013年02月のデモ・街宣のお知らせ

1月14日は尖閣諸島の日
2月07日は北方領土の日
2月22日は竹島の日
Web竹島問題研究所 かえれ 島と海


Takeshima
竹島バナーについて
2月22日は竹島の日



目覚めたひとのブログ*
[PR]
by koubou-ohayou | 2013-02-04 22:56 | 北朝鮮


ミサイル フィリピン東海上に落下と推定 
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20121212/k10014130061000.html
12月12日 10時52分


e0241684_19575569.jpg


政府は、北朝鮮が人工衛星としている事実上のミサイルについて、午前9時49分ごろ、北朝鮮の西岸から南に向かって1発、発射され、沖縄県の上空を通過して、フィリピン東の太平洋上に落下したと推定されると発表しました。

北朝鮮が人工衛星としている事実上のミサイルについて、政府は、アメリカ軍の早期警戒衛星からの情報として、午前9時49分ごろ、北朝鮮の西岸から南に向かって1発、発射されたが、その後、沖縄県の上空を通過し、フィリピンの東およそ300キロの太平洋上に落下したと推定されると発表しました。また、今回の発射を受けて、破壊措置は実施しなかったとしています。
発射を受けて、野田総理大臣は、関係省庁において、▽緊張感を持って情報収集・分析に努めること、▽国民への情報提供に全力を尽くすこと、そして▽不測の事態に備え万全の態勢を取ることを指示しました。
このあと政府は、午前10時50分から、総理大臣官邸で関係閣僚による安全保障会議を開き、対応を協議することにしています。

--ここまで--





動画説明
2012年12月12日北朝鮮がミサイルと見られるものを発射、ミサイルは沖縄上空を通過しました。【緊急速報】 北朝鮮、長距離弾道ミサイル発射


↓在特会 緊急抗議活動
【在特会】北​朝鮮の弾道弾発射実験を絶対許​さない!in総連本部前







12月のデモ・街宣のお知らせ

1月14日は尖閣諸島の日
2月07日は北方領土の日
2月22日は竹島の日
Web竹島問題研究所 かえれ 島と海


Takeshima
竹島バナーについて
2月22日は竹島の日



目覚めたひとのブログ*
[PR]
by koubou-ohayou | 2012-12-12 20:08 | 北朝鮮
こちら↓8月30日のj-castの記事。

「韓国好き」モデルが幻滅した悪口の数々
「とてもかわいい、絶対日本人じゃない」
 
2012/8/30 12:45
http://www.j-cast.com/2012/08/30144518.html



ファッションモデルとして活動し、韓国に語学留学の経験がある本田麻里絵さんが、韓国旅行の際の「幻滅体験」をブログで明かした。
タイトルは「韓国の現実を知った旅」。ちょうど竹島問題で日韓関係が冷え込むさなかでの滞在だったが、出会った人から次々に本田さんを傷つける発言が飛び出したようだ。
「バカにされてるみたいですごく不快だった」
本田さんのブログは2012年8月18日付で、現在は本人の意向で非公開となっている。これまでにも何度か渡韓しており、3か月の留学で韓国語でコミュニケーションが図れる語学力を身につけている本田さんだけに、旅行中で耳にした現地の人の「悪口」に戸惑った様子がつづられている。
ロンドン五輪・男子サッカーで日本代表の試合になると、親しくしていた韓国の女性が「日本どうか負けろ」と口にした。本田さんは信じられず「なぜ日本負けろと願うの?自国を応援すればいいでしょ?」と思ったという。また3位決定戦の日韓戦の後、韓国代表の朴鍾佑選手が「独島(竹島の韓国側の呼称)は我が領土」と書かれたカードを掲げてピッチを歩き回った件を批判すると、友人は「なにがいけないのですか」と真面目な顔でこたえてきて本田さんを驚かせた。
竹島関連では、ほかにもあっけにとられるような出来事があった。知人の自宅を訪問した本田さんに対して、初対面の友人の母親は「『独島は私達のものだから!』と笑顔で言う」。音楽イベントでも、日本人に向けて「くそ猿野郎」「独島は我が国の領土」と聞こえるように言っていた人がいたそうだ。
極めつけは、旅行中に何度か「とてもかわいいですね、お父さんもお母さんも日本人じゃないでしょ?絶対」と言われたのだ。「なんか見下されてるみたいで!バカにされてるみたいですごく不快だった」と、素直に怒りの心情を吐露していた。
わざわざ語学留学してまで韓国を知ろうと努力し、親近感を持ち始めていただけにショックも大きかったに違いない。一方、読者からの反響は本人の予想をはるかに超えていたようで、賛否のコメントの「洪水」に戸惑い気味の本田さんは、一時的に今回の書き込みを非公開にしたものの「韓国のリアルをもっと多く知ってほしいとは思います」と、削除は考えていないとしている。
(続く)


竹島問題を持ち出されて「何の交流パーティーだよ」 


ブログのコメント欄には、本田さんを応援する書き込みのほか、「私も同じような体験をした」という内容が少なくない。自身も韓国語を覚えたりしていたという投稿者は「知れば知るほど、残念で腹が立つことばかり」。韓国在住という人からは、「裏での言いようは半端ない」と明かす。同じく韓国の文化に興味を持って現地に住んでいたという人も、日韓交流の席で「竹島や慰安婦問題などを話題にされ、口論になった」といい、「何の交流パーティーだよって感じでした」と落胆ぶりを隠さない。
インターネット掲示板やツイッターでも、本田さんのブログ内容に自分の体験を重ね合わせる人がいた。「俺も100%日本人?って聞かれたわ」と書いた人物は「切れそうになった」と怒りの気持ちを表す。「韓国のフェス行った人が同じ事言ってた。知れば知るほど嫌いになる国」と嫌悪感をあらわにする意見もある。
「私も仕事で韓国人と関わっていたし、その子はいい人だと知っていても、最近の竹島問題や反日という韓国の行為には目が当てられない」との感想も出た。本田さんも「優しい理解ある友達はもちろん大好きだし、一生大事にする」としつつも、「仲良くしたい気持ちが強かったし、大好きだった」韓国で受けた「仕打ち」が残念でならないようだ。
--ここまで--





↓そのモデルのブログが書かれたのは8月15日。


韓国の現実を知った旅
2012-08-18 15:19:00
この記事は削除されているか、
または未来記事設定(現日時以降の公開)された記事のため表示できません。
http://ameblo.jp/allongeblog/entry-11329837375.html


先週はしほと三泊四日で韓国また行ってきたんです~(・∀・)/
、、がしかし

今回サッカーの日韓戦、韓国大統領の竹島訪問、日本からの独立記念日

いろいろなタイミングが悪く
韓国の現実を知ってしまった旅でした。。


(以下略)

--ここまで--







↓上記 j-castの記事が出る前日(8月29日)に文春から出た記事。

「東京ガールズコレクション」を朝鮮総連系企業が買収!
http://shukan.bunshun.jp/articles/-/1739
2012.08.29 18:00



9月1日に名古屋ドームで約4万人の観客を集めて開催される「東京ガールズコレクション」(TGC)。今回は、佐々木希、香里奈三姉妹、山田優、菜々緒などトップモデルが出演し、史上最大規模のファッションショーとなる。最新ファッションに身を包んだモデルが次々に登場し、観客は気に入った洋服や靴をケータイで即座に購入できる。このシステムが人気を呼び、いまや日本を代表するファッションショーとなった。

だが、このイベントを運営しているのは朝鮮総連系企業を経営する人物であることが「週刊文春」編集部の取材で明らかになった。

その人物とは、ガールズコレクションの運営会社「F1メディア」(東京都港区)の社長、矢吹満氏(42)。矢吹氏はF1メディアを昨年買収し、TGCの実行委員長に就任した。だが、詳しい経歴はこれまで明らかにされなかった。

「本名は玄満植(ヒョン・マンシク)、埼玉県出身で朝鮮高校卒。高校時代は番長グループで空手が強く、怖い存在でした。卒業後、空手の『拳道会』に入って全日本チャンピオンになったほどですが、まもなく空手を辞め、金融の世界に入りました」(朝鮮学校の同窓生)
 
矢吹氏は2000年に約2億5千万円の所得隠しが発覚し、東京地検特捜部に逮捕・起訴された。だが、その後も投資活動を続け、数々の上場企業の大株主となっている。

「矢吹氏のオモテの事業はのきなみ債務超過です。ガールズコレクションの買収は、いったいどこが資金源なのか、大きな謎です」(民間信用調査会社担当者)

矢吹氏の資金源を探っていくと、朝鮮総連の影が見え隠れする。F1メディアの株を100%保有するのは「有限会社麻布ビルディング」という小さな会社だが、この会社は矢吹氏が父親と2人で経営している。

「じつは玄(矢吹氏)の父親は、朝鮮総連の専従活動家です。埼玉県の支部委員長に就いたこともあり、現在も朝鮮総連関連団体の役員を務めています。また兄は朝鮮総連本部のエリートで、若くして経済局の部長を任されている大物です」(朝鮮総連関係者)

東京ガールズコレクションは、外務省、観光庁、東京都などが「クール・ジャパン」を代表するイベントとして後援しているだけに、その資金源についても透明性が求められる。


文「週刊文春」編集部
--ここまで--






「タイミングが悪く」なのか
それともタイミング・・「良すぎ?」か(汗)

何の意図も無くなら、これはこれでいいけど・・信じ込ませておいてから誘導するとか、ひっくり返すなんて手口はあいつ等がよくやる事なので気をつけたほうがいいです。タレントが知らぬ間に利用されるって事もあるだろうし、パチ屋で営業して稼いでいた(今は分かりません)モデル(タレント)が、ある時期からやたらと韓国や韓国の商品を薦める様な内容のブログを書き始めた、なんて事もありましたから。









9月のデモ・街宣のお知らせはこちら。






1月14日は尖閣諸島の日
2月07日は北方領土の日
2月22日は竹島の日
Web竹島問題研究所 かえれ 島と海


Takeshimadokdo dokto tokdo tokto
竹島バナーについて
2月22日は竹島の日



目覚めたひとのブログ*
[PR]
by koubou-ohayou | 2012-08-31 23:42 | 北朝鮮
******************************************************

【河野談話】 署名のお願い 【村山談話】

「河野談話」の白紙撤回を求める署名にご協力をお願いします。
日本を侵略国家であると断罪する村山談話の白紙撤回を目指しましょう!

*平成22年(2010年)10月~平成23年(2011年)12月17日までの署名に
記載漏れが生じてしまったそうです。

上記期間中にオンライン署名してくださった皆様、
もう一度オンライン署名をお願いいたします。


******************************************************

【名古屋】 署名のお願い

署名(名古屋)
在名古屋中国総領事館に
国有地・名城(めいじょう)住宅跡地を売却することに反対します


詳細はこちら

******************************************************

【人権侵害救済法案反対!!!】抗議のメールを送りましょう!!! 
法務省が人権救済機関設置法案の概要を発表

お願いしたいこと
→詳細はこちらでご確認下さい。

******************************************************


■【荒木和博】金正日死亡~今こそ拉致
被害者を救出せよ
[桜H24/1/10]




文字おこし(一部省略あり)
--ここから--


特定失踪者問題調査会代表の荒木和博氏
北朝鮮向け短波放送「しおかぜ」にて放送予定の、元航空幕僚長・田母神
俊雄氏から北朝鮮の元空軍大将へ-の呼び掛けを、実際の音声にて御紹介

同じく代表をつとめておられる予備役ブルーリボンの会(RBRA)の活動方針に
ついて、その声明文も併せ、お話しいただきます。


前回はほぼ一ヶ月前12月13日にご出演いただいたのですが
あれからいろんな事がありましたね。

そうですね、本当に。
こんなに急に来るとは思わなかったですね。

はい、本当に大きな一月間だったんですけれども、本題に入る前に
今日のニュースコーナーでも取り上げた、例の漂流船の事は、荒木さんは
どんな風に御覧になっていますか?

あの同じような形の船はですね、今までも、この間も能登半島沖に来ましたし
それ前は青森に漂着してるんですが、私はやっぱり、直接来たというのはどうも
考えてもやっぱり疑問を感じざるをえないですね。
なんか母船に乗っけられて近くまで来て降ろされたのではないかと
まあその目的が何かは分かりませんけれども、やっぱりただ単に漂流してきた
とはとても思えないですね。

母船に乗せられてというのは言われてみると、有り得そうな話ですねぇ。
それに対する日本政府のあのスピーディーな対応はどう御覧になっていますか?

まあだからそういう問題はあって貰っちゃ困る、という事なんじゃないですかね。

例によって例のごとく・・・

あの手の小さい船っていうのは、実はもう何十隻も日本の近海に流れ着い
ていて、ただあのほとんど人がのってなくて、乗っかってても死体だった
とかね、そういう事はあるみたいなんですけどね、生きた人が乗っかってる
のはこれで三例目ですかね。

ただ何れにしても非常に小さな船でね、湾を出るのでも、かなりしんどい位の
船ですから、それで本当に来れるのかっていうのはやっぱり今でも疑問は持
ってます。


「海保はどうして見つけられないんだ」っていう声もあるんですけどれども
木造船であんなちっちゃくて、しかもこの間一色さんもおっしゃってますけど
海保の巡視艇っていうのは数に限りもあって、今の体制で全部見つけるってい
うのはちょっと無理な話・・・


まあそうですねぇ、日本海は船の数も多いですからね
その中で探し出すって言うのはかなり至難の業でしょうねぇ。

それだけに、見つけたものにどう対処するかっていうのが大きなことに
なってくるんじゃないかと思うんですが・・

その対処がね、こういうもうともかく早いところ帰しちゃおうという対処
なんで、ええ・・・どうしょうもないですね。


そうですねぇ。
ではそろそろ本題に入っていきたいと思いますが
今回の金正日死亡、そして正恩への移行っていうのは、荒木さんは
どの様にごらんになっているんでしょうか?



まああの、どっかで死ぬだろうと思ってた事だったんですが意外に
早かったなと思うんですが、やはり北朝鮮としてはまだ十分な準備
が出来ていなかった状態なんだろうと。で、三年ほど前に金正日が
倒れてですね、半身不随の状態になると。

で、最近少し良くなったんじゃいかとか言われてたんですが、
しかしやはり次という事がみんなどうしても考えざるをえない
状況になってきた。

で、ほっぽらかして後継者を決めないでですね、死んでしまったらば
もう大変なことになるという事で、中国が手をつっこんで、正恩を
貢献者にという事を進めていたんだと思いますが、それにしても、
準備が出来ていなかったんではないかと。


しかし、中国としては北朝鮮が体制崩壊を起こしてですね、難民が
なだれ込むとかあるいは統一をしてしまって、統一って事はつまり
韓国による吸収って事になるんですが、アメリカの同盟国が自分のところの
国境まで来られるというのはこれどうしてもやめて欲しいと。

だから、もうどうやっても支えていこうという気持ちではあるだろうと
思います。ただ支えようとすればするほどややこしい事になってくるんで、
これからどういうふうな事態になるのか色んな事が考えられると思います。


いまおっしゃっていた正恩への移行が十分ではなかったっていうのは
例えばどういうところから感じられるんですか?


時間的に考えてですね、金正日が後継者になったっていうのは1970
年代のはじめで、父親の金日成が死んだのが1994年ですから、だいたい
二十年間の助走期間があった訳ですね。

助走期間があって父親が元気な時に、父親がバックにいる状態でその後継者
という事で色んな期間を小枠をしていったと。
最終的には父親と大喧嘩して父親は死んでいくわけですけれどもそういう
事の準備ができていた。

ところが、金正恩は名前が出たっていうのは一昨年のことですね、それ以降
も、どうも北朝鮮の報道を見てても完全に後継者が決まったという感じの出し
方ではない。やっぱりなんかに遠慮しているような感じがあったんですね。

だからやはり、内部でいろいろあるんだろうというふうに思います。
で・・という事を整理をしている時間がなかった。で、金正日自身は70年代
後継者になる時に自分の継母(金日成のその時の奥さん)である金聖愛
(キムソンエ)の権力を剥奪して、で、金日成の弟キムヨンジュンは地方に追放したりとか
いうことまでやって自分で権力闘争やってきた人だったわけですが、金正恩は
そういう事をやってないですね。

だから誰かがかつぐんでなければあの地位を保証されるものではない、
そこのところを自分で動ける状況にしている時間は全くなかったという
ことで支えているものが無くなれば、おそらくそれでお終いなんだろうと
思います。


今日のニュースの中に、2009年に長距離ミサイルを撃った時、もしあれが撃墜され
ていたらイージス艦を撃つつもりであったと
「正恩が言った」という風に報じられたというのがあったんですが、あれは?


そういうような業績作りみたいな物をですね、ともかく北としてはしたい


後づけですよね?


そうですね、もう何でもいいから正恩がやったことにして、金正恩の権威を
固めようという動きがあるんでしょう。
しかしいまひとつ、せこい話ですよね。


その金正恩を支えているものっていうのはどういった人たちなんですか?


支えているものはひとつは中国ですね。中国ともうひとつは、軍の中の比較的
新しく台頭してきた連中ですね。
ここら辺が支えてる中心ではないだろうかと思います。


そういった現状を踏まえて、私達予備役ブルーリボンの会も今後どうしていくか
という話し合いを重ねてきたわけなんですが、代表の荒木さん、どういう結論
になったんでしょうか?

予備役ブルーリボンの会はいうまでもなく自衛隊に係わったもので会を作ってる
わけですから、それは単なる論評とかそういう事をしていても仕方ない。
具体的にどういう事をするのかと
まさに、いまある意味でいうと絶好のチャンスですから、そこで我々自身が何を
するかという事を明確にしようというふうにいま思ったわけですね、で、年末
年始でみんな忙しい、あるいは正月休みであったんですけれども、集まってい
ただいていろいろ議論をしてきた。これからは、今度は行動をする番だろうと
いう事ですね。


そして昨日ですね、幹事会でこの様な声明文を作成しまして、これを外に打ち
出していこうという事になりました。


北朝鮮の現状と予備役ブルーリボンの会の今後の活動について


昨年12月19日の金正日死亡に関する発表はその後死亡の場所が公式発表と異
なることが明らかになっており、死亡した日時も信頼できるものではないが、
一方で三男金正恩への後継の動きが続けられている。12月30日には最高司令
官に就任した。

激しい権力闘争を勝ち抜いて後継者の地位を手にし、さらに20年以上の
「助走期間」の後に父金日成の死を迎えた金正日と異なり、2010(平成22)年
に初めてメディアに姿を現した金正恩が北朝鮮において自らリーダーシップを振
るえるとは考えられない。今後の展開については十分な注意が払われるべきである。

北朝鮮では金日成の死後金正日のもとで200ないし300万人と言われる人々が飢餓
によって命を奪われ、「深化組事件」では2万5千もの人々が粛清された。
今も約20万の人々が政治犯収容所で動物以下の人権侵害を受けており、危険を冒し
て北朝鮮を脱出する人々は後を絶たない。

そして、そのような状態の中でも核・ミサイルの開発は続けられている。

我々にとって最大の関心事である日本人拉致問題は10年前の第一次小泉訪朝で
被害者5人が帰国して以来誰一人として救出が実現していない。
政府の認定拉致被害者は17名だが、実際には遥かに多くの日本人が拉致されており、
その救出が実現しないことは北朝鮮以上に日本の問題と言える。

しかし、近い将来に我が国政府が拉致被害者救出を自ら決断することは期待できない。
一方で家族も、そして被害者も高齢化が進んでいる。

我々は軍にかかわる者として、拉致被害者の救出実現を自らの責務と考え本会を
結成し、活動を続けてきた。金正日の死亡という転換点、場合によっては最後の
チャンスにあたり傍観者であることは許されないと考える。

拉致に関わった者の責任は消えるものではなく、当然報復の対象となるが、自らが
犯した罪を悔い改め我々に協力すれば相応の評価をするものである。
その認識のもとに我々は今後以下の方針で拉致被害者救出のため行動する。


1、北朝鮮国内外の朝鮮人民、特に軍関係者に対し国家再生のために蹶起するよう
呼びかける。そして、その目的のために勇気を持って立ち上がる朝鮮人民及び軍人
がいれば、拉致問題の解決を条件に、我々は支援と協力を惜しまない。

2、朝鮮人民軍を中心とし、日本国内の協力者も含め拉致問題の解決に資するための
情報活動を進める。

3、万が一にも拉致被害者にこれ以上の危害が及べば、我々は、北朝鮮当局のみな
らず日本国内も含めこれに加担したものに対し、あらゆる手段を行使して攻撃に転
ずる。


平成24年1月9日
予備役ブルーリボンの会代表 予備1等陸曹 荒木和博
以上であります。


(中略)


相当ああでもない、こうでもない、とやった結果だったんですけれども、問題は
何をやるかなので、基本的にはみんな、救出の為には何かしようということに
ついては一緒なので、ただこの会は自衛隊に係わった人間ということで限定した会
だから、そこで出来ることをやっていくという事を考えると、向こうの軍人との、
あるいは北朝鮮から脱出した軍人、そういう人たちとの連携をやっていく、あるいは
情報収集していくというのがひとつの我々のやるべきことなのではないだろうかとい
う風に思います。

昨年安全保障問題講習会で荒木さんと一緒に脱北軍人の組織のトップであるチャン・セユル
さんが出てくださって、その時に3000人でしたっけ?軍からの脱北者がいると。
で、現在も軍に残っている人ともパイプがつながっていると
そういったルートも利用しながら情報収集等していきたいということですね。

結局すべての拉致被害者を取り返すには、どうしても北朝鮮の中が変わらなきゃい
けない。例えば拉致被害者の中でまったく身寄りがない人を拉致しているケースがあると。
そういうケースというのは身寄りがないこを狙ってやっているわけで
家族が声をあげるってことはないですから。そうすると、そういう人たちを助けようと
思えば向こう側に入っていくしかないと、向こう側に入っていって、で、相手が、自分
は日本に帰りたいという意思表示ができる状態にしなきゃいけないですね。

これは要は民主化、あるいは自由化をさせるってことになるんですが、何れにしても
向こう側の秩序を維持する為に、どんな形であれ、軍がしっかりしてるってことは必
要になると。いま人民軍のあり方っていうのは、基本的には金正日の紙幣みたいなも
のだったわけですけれども、本来の国民の軍隊ですね、変わっていくと言うのは当然
必要なんで、そういうことも我々は見据えていく必要があるんじゃないか、あとで流
していただく田母神顧問の言葉も、まさにそういう様な意味があるんですね。


ではその田母神さんから
潮風にのせて北へ送るメッセージをお聞きいただきたいと思います。



呉克烈(オグッリョル)大将に告ぐ。
私は元、航空幕僚長の田母神俊雄と申します。
呉克烈(オグッリョル)空軍大将に一言申し上げる。

私たちは北朝鮮に拉致されている何百人もの日本人を救出するための、元自衛官
及び予備自衛官で構成する予備役ブルーリボンの会です。

何とかして、拉致被害者を救い出したいと行動しています。
日本政府に対し、拉致被害者の救出に最善の努力をする事を申し入れるとともに
我々自身が、救出に向けて決起していこうと考えています。

私は元日本国自衛隊の航空幕僚長として、日本の空軍を率いた経験を持っています。
呉克烈(オグッリョル)大将もかつて北朝鮮の空軍を率いた経験を持ちますので、我々はお互
いに空の勇士であるというふうに思います。我々は軍人同士であり、軍人は何が正義
であるかはお互いに理解しあえる関係であると思います。

呉克烈(オグッリョル)大将にどうか二歩hんじん拉致被害者を救うために、そして北朝鮮人民
を救うために行動を開始していただきたいのです。
拉致問題がこれ以上長引くようであれば、日本政府もより一層北朝鮮に対し厳しい対応
をすることになるでしょう。

それは我々が望むことではないはずです。拉致問題を解決し、拉致被害者を日本に
返すために呉克烈大将の力強い行動を、私は期待しております。


ということなんですが、いままでになかった視点というか


そうですよね、あの呉克烈(オグンニョル)というひとは、北朝鮮の軍人のなかではちょっと
異色な存在でですね、北朝鮮が完全な陸軍国、100万人くらいの陸軍がいるわけですが
空軍は確か4、5万くらいしかいないですね。

その中で空軍出身で三軍の総参謀長になった、しかも40代だったと思いますが
非常に若くて、非常に優秀なひとですね。ソ連にも確か留学しています。

このひとは共産圏の軍隊でもありますけど政治将校の制度があって、これが部隊の行動
に対して制約があると。それをやめさせようとして結果的に切られてしまったんですが、
その後も非常に軍の中に厳然たる力をもっていると。

もう今年で80か81なんですが、非常に信頼の厚いひとですね。
ですからここに向けて同じく空軍出身の田母神元航空幕長からメッセージを送っていただいた
ということはそれなりの意味があるだろうというふうに思います。

いままでただ単に拉致被害者を返せというだけだったわけで、そうじゃなくてでね、
もっと、もうちょっとピンポイントに実際に相手側の反応を探ることが出来るような形のこと
をこれからやる必要があると、ほかのいろんな形も含めて進めていかなきゃいけないと思
ってます。

潮風のなかのゲストコーナーを緊急放送のなかで作っていってですね、そこに色々みなさん
から北朝鮮の人民軍の呼びかけをしてもらおうと思ってます。


声明文の1,2,3に戻って例えば2番の
"朝鮮人民軍を中心とし、日本国内の協力者も含め
拉致問題の解決に資するための情報活動を進める。"



日本国内の協力者に呼びかけているところも特徴かなとおもいますけれど。

そうですね、この間の警察のね、オウムの平田まことの事件ありましたけれども
あれなんかやっぱり情報を集めようとしてなかったんでしょうね。
だからそれは本気になってやろうと思えばできる事を、もう余計なものは
見たくないというふうに今まで警察に限らず政府全体がそうしてきたので
我々はあえて積極的にそういうものを収集していこうというふうに考えている次第です。

そうですね、フリーダイヤル何度かけても繋がらなかったりとか
最初に会った機動隊の人が別の所に行ってくれと言ったりとか、そういうことが
拉致問題でもおきている。

おそらく拉致の加害者なんかで実は私やりましたってなんて言ってきても
ちょっと忙しいから今度にしてくれとかね、言ってた可能性ありますね。


それから3番、
万が一にも拉致被害者にこれ以上の危害が及べば、我々は、北朝鮮当局のみならず
日本国内も含め、これに加担したものに対し、あらゆる手段を行使して攻撃に転ずる。
と、ちょっと他にはない激しい言葉をわたし達も使うことにあえてしました。
そのこころは。


いままで自分自身もこの議論をするまではですね
実はスルーしていた問題が、その報復という問題だったんですね。

拉致被害者が勿論そのまま帰ってくればいいですけどももうすでに何十年間の間
自由を奪われて向こう側にいると。そのことに対すること、あるいは場合によっては
殺された方もおられる可能性はある。

連れて行かれる途中に殺されているひともいる
という話はほぼ確実ですし、そうようようなもの、それから今後またなにかあった場合に
我々はじゃあどうするのかと、今の政府のやりかただと何もしないんです、要はね。
何にもしない。で何にもしないということは次にまた被害者が出るという事を意味している
わけで、やはりそれをさせないためには、やられたらこちら側が何らかの報復をするという
事をあくまで明示しておく必要があるだろうということで、いままでこういう言い方をした
人は殆どないんですけども、我々はそれをあえて表現しておこうという事を考えた次第です。

私も、尖閣の関連で戦犯領土議連に行ったときに、竹島のこととか
いろいろ議論がなされていましたけれども、誰一人として、一言として
日本も自衛隊と言う武力を持っているわけですけれども、その武力を背景とした
話をしていないというところに愕然として、それじゃあ舐められる訳だし
国民だって領土だって盗られていくのが当然なんじゃないかなと感じました。

そういう意味でも、この「あらゆる手段を行使して攻撃に転ずる。」というこのひとことは
重いんではないかなと思っている次第でございます。



こういった私たちの活動に賛同してくださる方の入会をお待ちしております。
→ 予備役ブルーリボンの会(RBRA)
是非ホームページを御覧のうえお申し込みいただければ大変有難く存じます。
入会をお待ちしております。

では荒木さん、最後にもう一度決意表明を


ともかくご家族で亡くなっている方が非常に多いです。
最近も亡くなっている方が出られています。
時間がないので、今回この金正日の死んだ時っていうのが最後のチャンスである
可能性が非常にたかいとおもいます。これは絶対に逃せないということで
いかなる手段を用いてもやらなければいけないと、それが私自身もこうやって
戦闘服を着ている意味だろうとも思いますし、それがこの国自体を
まともにしていくことにも繋がるのではなかろうかというふうに思ってます。


--ここまで--




すごいです!
田母神俊雄氏、そして荒木和博氏予備役ブルーリボンの会(RBRA)の方達が立ち上がっくれたのですね!


政府はなにもしてくれない!

何にもしないということは、次の被害者が
出るという事を意味する。

竹島のこと、尖閣の事で議論がなされても、
誰ひとりとして自衛隊という武力を背景と
した話がなされない!

そんな事ではなめられて当然ではないか!!
国民も領土も、とられて当たり前ではないか!!

まったくその通りだと思います!そして、
「あらゆる手段を行使して攻撃に転ずる。」



なんと心強い言葉。よくぞ言ってくれました!!



全力で応援したいので、私もこちらに寄付したいと思います。

寄付金、その他、北朝鮮向け短波放送「JSRしおかぜ」のサ
ポーターグッズはこちらです。

[PR]
by koubou-ohayou | 2012-01-17 02:33 | 北朝鮮