日本の国益


by M
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

滋賀県彦根市の汚鮮実態



碧庵@hekian
滋賀県彦根市の汚鮮実態。
http://ameblo.jp/nohohondensha/entry-11942723225.html

--ここまで--




外国人移民政策反対を訴える街宣及びチラシ配布活動より
https://www.youtube.com/watch?v=S6xVEuEcCbU


(文字起こし)

滋賀県の医療実態について

52:40~
医療です。つまりお医者さんですね。
お医者さん、、医師免許を取得するのに日本国籍は必要ありません。
医師免許に国籍条項は必要ありません。
朝鮮人でも韓国人でも中国人でも医師になる事が出来ます。
その上でですね、滋賀県に彦根市という所が御座います。

彦根市、人口十万人の中核都市です。
「ひこにゃん」て皆さんご存知かと思います。
その彦根市に産婦人科、赤ちゃんを産める所ですね・・・何と、一つしか診療所がありません。十万人都市ですよ。十万人都市で赤ちゃんを産める文明施設を持ったお医者さんは一つのクリニックしかありません。ええ、これだけでも驚愕の実態です。

いつからそうなったかと言いますと、実は平成19年(2007年)からそうなってます。
平成19年に彦根市にある総合病院「彦根市立病院」から(その産婦人科から)分娩が取り止めになりました。平成19年の事です。

そうすると「××クリニック」っていうんですけれどもね「××クリニック」で分娩するしかない。こういう状態が成り立ってます。
彦根市の一年間の分娩・出産は千二百件あります。これがすべて「××クリニック」
××クリニックで全部賄えるかどうかは別にして、産むなら××クリニックしかないです。こういう状況になりそれが七年経っても変わってないんです。

これだけでもちょっと不自然さを感じませんか?
七年経っても彦根市では「××クリニック」でしか子供が産めないんですよ。この七年の間に内科とか外科とか耳鼻科とか、そういう開業医は実費でどんどん開業してるんですよ。ですけど産婦人科は一件も開業出来てません。未だに「××クリニック」だけ。

そして彦根市立病院、、分娩施設は三つありますけれども産婦人科医は一人しか居ません。産婦人科医は一人で、じゃあ分娩はどうしてるかといったら助産婦がいるだけなんです。一昔前の出産方法です。

で「彦根市立病院に産婦人科医が居ない」
これを滋賀県は医師不足なあんて言ってる訳ですよ。
「お医者さんが居ない」「お医者さんが不足してるんだ」と。
「だから××クリニックに頑張ってもらうんだ」と、こんな事言ってるんですけれど、隣の長浜市立病院、長浜赤十字病院を合わせると十一名の(映像が乱れたため聞き取れず)

彦根市立病院にお医者さんを送ってくれという署名、十四万人のうち五万人の署名が集まったにもかかわらず、彦根市は一億八千万の××クリニックへの補助を決めてます。

で、この××クリニックですね、、今日実はね、外国人移民に反対しているでしょ?
××クリニック、、昭和の頃の地図、昭和の頃の看板ていうのがありまして
今は××の××と書いて××クリニック。
昭和の時代は××に××の×ですね、で、××クリニック。

日本人が名前を変える事が出来るとなったらこれは裁判所に申し立ててですよ?「その名字では圧倒的な不利益がある」と認められて初めて名字を変える事が出来る。という事は日本人が名字を変えるのはほぼ不可能なんですね。でも××クリニックは名字を変えてます。

皆さんご存じない方、殆どの方はご存知だと思いますけれど在日韓国・朝鮮・中国人ですか「通名」という制度があるんですね。名前、これ市役所に行くだけで簡単に変えられます。で、名前変えたらすぐに保険証が貰えますし銀行口座も作れます。つまり、脱税ですとか隠し口座(借金の踏み倒し)自由に出来るんですね。これが在日韓国人、朝鮮人に与えられている通名という特権です。

××クリニックが名前を変えてるという時点でですね、もう大当たりですね。
その××クリニックに彦根市議会は反対わずか四名で一億八千万円お小遣いを差し上げます。こういう事なんですよ。だから「移民受け入れ反対」と言っているのは私たちの税金がね、そういう移民に持っていかれてるわけですよ。

これはこの中のほんの一例です。彦根市だけじゃあないですよ、もう。滋賀県全体でも。大津市でも。この滋賀県、或は大津市っていうのも植民地状態ですからね!税金は沢山持っていかれてます。

これが移民を受け入れる、という事の結果なんですよ。

この上まだ移民を受け入れるのかといったらこれはもう当然に反対をして頂きたいという風に思います。

因にね、この××クリニックにかかって出産する人はね、まあ出産ですから女性の方、自分の一番大事な所を診察してもらう訳ですよ。これが朝鮮人の医者だとすればですよ?それって気持ち悪くないですか?日本人は差別しないですよね。朝鮮人だとか中国人だとか韓国人だとかいちいちそんな事考えて生きてないですよ。日本人は差別しないんですけれども韓国人や朝鮮人は日本人を差別しています。

そのことも日本人ご存じないと思いますけれども、そもそも家庭教育でですね、日本人の事を「チョッパリ」と言って馬鹿にしてますしね「日本人は自分たちを侵略したんだ」とかね「自分たちは強制的に日本に連れて来られたんだ」とか有りもしない嘘を、嘘つきですからね連中は。嘘が大好きですから、平気ですから。

でもね、親からそうやって教育されてね「だから日本人には何してもかまへん」と。そういうふうな家庭教育を受けてその通りだと信じ込んで在日中国・韓国・朝鮮の二世、三世、四世っていうのは育ってるわけですよ。でそういうのが、中には医師免許を取ればお医者さんになるんです。産婦人科医として勤務する事も出来る訳ですよ。

そういう「日本人に対しては何してもかまへん」そう思ってる朝鮮人に女性の方自分の一番大事なとこを見せてるんですよ。見せて分娩してる訳ですよね。(中略)

次に滋賀県ですよ。嘉田由紀子。
そして今は、つい先日の滋賀県知事選挙で三日月大造という知事に変わったと。
その前、八年間 嘉田由紀子。

全国の皆さんよくご存知でしょうね嘉田由紀子。
これがやった事の一つとしまして「滋賀医科大学」というのが有るんですよ。滋賀医科大学で、、ここが滋賀県の医療を・・いうたら担ってまして、お医者さんをまあ配分してる訳ですね。滋賀県のお医者さんの養成機関の中心ですよ。それが「滋賀医科大学」という所です。

でそこにですね、名前も出しちゃいますね。「(ピー音)」が任命した特任教授って言うんですねこれ。県が教授にした特任教授というのが居まして「地域周産期医療学講座」この三名しか居ないこの講座に今度は、(さっきは彦根の税金です。彦根市民の税金が一億八千万、××クリニックに流れたという話ね)今回は嘉田由紀子の滋賀県知事時代ですね。
平成22年7月、一億六千万です、今度。
これは滋賀県の税金、滋賀県民の税金一億六千万円がこの「(ピー音)」にありました。

「地域周産期医療学講座」ここには「(ピー音)」三人しか事務員がいません。そこに一億六千万円も渡せばいい小遣いになる訳です。

ただね、こういう、、今税金の流れについてお話しさせてもらったんですけども、これはいわば合法的なんですよね。
移民ですね、移民。在日中国・韓国・朝鮮人、その二世、三世、四世
もう日本国籍を持ってる移民系の人達っていうのは非常に沢山居る訳ですね。でそれが選挙で必死になる訳ですよ。

日本人、例えば税金が何に使われてるとかね、興味ないでしょ?
だから政治に興味ないし選挙にも行きませんよね?

ええ、、ところが移民系は必死になって選挙をします。

で選挙をして三日月大造とか嘉田由紀子、或は大津市であれば越 直美、こういった外国人というか移民ですね、移民にとって都合のいい「政治をしてくれる」と言ったら格好いいんですが、要は小遣いくれる知事ですよ。移民系の在日中国・朝鮮人の二世・三世・四世にたんまりと小遣いをくれる政治家を選んでる訳ですよ。
それで選ばれた政治家は当然に中国人、韓国人、朝鮮人に一億八千万だとか一億六千万だとかお小遣いをあげるわけですよね。

日本人にはあげないですよ。日本人にお金がかかるのは勿体ないですからね。嘉田由紀子、よく言ってましたでしょ?日本人に金を使うのは勿体ないってね。
あの勿体ないっていうのは日本人に金使うのが勿体ないんですよ。日本人に金使うのが勿体ないんであって外国人にはたんまりお金使ってます。


ですから「(ピー音)」貰ってもですね、これ合法的なんですよ。
いうたらその在日韓国人・朝鮮人、所謂移民ですね、移民系であってもそうして政治家を選んでその政治家が塩梅してですよ、移民系の人達に大きなお金を渡す。ここまでは違法でも何でも無いですよね、選挙で負けた日本人の負けです。

日本人が税金を持っていかれる。
移民系の人達が税金を受け取る。
こういう仕組みは政治家を選ばれた時点で私たち日本人が敗北してる訳ですね。

言うたら日本人が今奴隷という状態ですね。移民が日本人という奴隷から税金というお金を巻き上げて自分たちが好きに使っていると。

これが今の滋賀県の実態。
その調査の一角を今具体的にお話をさせてもらいました。、、、が、犯罪が有ります。

一億六千万貰ったのはいいんですけれどね、滋賀医科大学 地域周産期医療学講座の給与明細ですね、給与台帳とそれから予算差引簿というのがあるんですけれどもこれは予算差引にある給与ですね。

給与台帳の給与、これは一円も違わずに一致するものなんです。これが違うっていうのはつまり違法行為が有るという事です。この予算差引簿を見ればどれくらい好きにお金使われてるか、これ違法にですよ、違法に使われてるかっていうのが分かります。それをね、インターネットでアップしてますので「滋賀医科大学 滋賀県庁の闇」というブログタイトルの記事が有るんです。「滋賀医科大学 滋賀県庁の闇」というブログ記事にこの不正ですね、違法行為が分かる様に証拠書類をリンクを貼ったった状態でブログでアップしてる方がおられますのでこれをご覧下さい。そしたら移民がやってる違法行為ていうのが見る事が出来ます。

因に平成22年23年24年、3年分アップしてますからね。
しかも数字の羅列ではなくてですね、分かりやすく指し示す形でやってますので是非ご覧になって下さい。このブログの記事の中にどこに文句言ったらいいかその部署と電話番号も書いてありますのでブログを参考にしていってもらえたらと思います。
~1:09:21(略)


1:15:20~
移民というのがどれくらい日本人にとって怖いものか、日本人にとってね、これをまず皆さん知って欲しいんですね。今日はもう一切触れてませんけれども、政治、或は教育というそういう部分というのはほぼ完全に移民系が押さえています。報道機関もそうです。ですから今言った様な事、例えば現実に××クリニックで医療事故があったとしても、、「しても」ですよ?まず報道されませんね。

報道機関はもう日本人居ませんからね。それから弁護士、弁護士も殆どが在日系ですね。在日中国・韓国・朝鮮そしてその二世、三世、四世が殆どですから中々朝鮮系のお医者さんで医療事故が有りましても本気で戦ってくれる弁護士は居ませんし、放送してくれる報道機関も有りません。

そうしますとね、私たち日本人は移民系の中国・朝鮮・韓国、その二世、三世、四世のまあ悪事とかですね、事故とかです、あと「いじめ」ですね、いじめ。いじめ多いでしょ?そういうのが全然・・実態がほんの一部なんですよ。あれ報道されてるのでね。

実際ご近所からいじめられてる人達、沢山居るんですよ。ところが自分たちを虐めてる相手がですね、在日中国・朝鮮・韓国系の二世、三世、四世って事を疑わないですから分からない訳ですよ。そうすると日本人の性格では自分を責めます。自分を責めるから鬱病にもなるし、果ては自殺する訳ですよ。それが在日中国・朝鮮・韓国、その二世、三世、四世にとって日本人が自殺するなんてのはこの上ない喜びです。・・この上ない喜び。だから本気で虐めてくる訳ですよ。私たちが死ぬ事なんかが楽しくてしょうがないんですね。そういうお医者さんに女性の方、足を開いてみせる事が出来ますか。
~1:18:12(以下略)
--ここまで--




なにこれ
怖い・・


そういえば何年か前までエキサイトにつぶログというのがあったのね。(Twitterと似た様なものです)そこに居た反原発のひとが言ってたんだけど、韓国人でエリート教育を受け勝ち抜いた奴が日本に来て医者になるんだと。で、医者になれなかった落ちこぼれというか、そこから外れたけどある程度見栄えがいい奴は芸能界に拾われるとか。

因にそのひとは反原発派だけど朝鮮人が大嫌いという(珍しい?)人で、いまヘイトスピーチとか言われてるけど今なんかより過激な事を普通に言ってました。

朝鮮人の事にやたらと詳しそうで、例えば「連中(在日韓国人)は普通に(日常的に)家で祖国の番組を見てるよ」とか。
「寒流ごり押ししても在日だってそんなの見ないでしょ」と言うのに対して「あいつ等前から普通に家で見てるよ」という言い方だったので、今でもそれがどういう事なのか私は分からないんだけど。

高岡蒼甫さん騒動のあたり。



南関東地区 デモ&パレードのお知らせ2674年11月・12月
行動する保守運動のカレンダー全国版
目覚めたひとのブログ*
[PR]
by koubou-ohayou | 2014-11-05 20:40 | 移民問題