日本の国益


by Jam
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

米国ニューヨーク州で、韓国人への大規模暴行・集団略奪発生


昔起きた暴動の記事かと思ったら、先月の記事だった。
なぜ韓国人商店が襲撃されるんだろうね。なぜだと思う?


韓国人商店5~6ヶ所略奪された

ブルックリン警察に射殺10代黒人少年の追悼デモで、相次ぎ韓国人商店へ暴行・集団略奪発生、韓黒葛藤再燃か―米ニューヨーク州ブルックリン

http://ny.koreatimes.com/article/782969
入力日時: 2013-03-13(水)



ブルックリンで警察の発砲で死亡した10代黒人青少年に対する夜間追悼集会が 暴力デモに発展し、近隣の韓国人商店に対する大規模略奪行為に及ぶなど事態が広がっている。

特に今回の韓国人商店略奪事件が場合によっては人種葛藤紛争につながり、場合によっては 1970~80年代ブルックリンの韓・黒紛糾事態が再現するのではないかという憂慮の声まで出ている。



■事件発端=事件は9日午後11時40分頃ブルックリン イースト フラットブッシュでギャング団員(単元)で知らされたキマニ・グレイ(Kimani Gray, 16)が警察に射殺されて始まった。当時、警察に追われたグレイは突然、 振り返って銃撃を試み警察の集中射撃を受けて倒れた。グレイの家族と知人、近隣住民など 約250人は11日午後7時頃、事故現場のチャーチ・アベニューと55街近隣で追悼集会を開き、 1時間30分ほど後から約100人余りの人波が警察の過剰鎮圧に抗議してチャーチ・アベニュー沿いに行進した。

だが、デモ隊が行進をした町角には韓国人青果場やスーパーマーケット7ヶ所を含むクリーニング屋、運動靴、かつら、雑貨店など韓国人商店20個余りが集まっており、結局興奮した約50人の群衆が暴徒に急変して韓国人商店に乱入、店員を暴行して各種物品を盗んで逃げる略奪行為が続いた。



■韓国人商店が集中略奪された=この日暴徒に略奪にあった業者は深夜営業をする‘ユーファーム マーケット’と‘チャーチ・ファーム・マーケット’、‘組's処置アベニューマーケット’、‘アップル フード マーケット’等5~6個の韓国人商店と米国系ドラッグストア‘ライト エイド’(Rite Aid)等で韓国人商店が大多数を占めた。 特に新材学前ニューヨーク韓国人食品協会理事長が運営するユパムマケッの場合、黒人10人余りが商店外側に陳列された花と果物などをむやみにつかんでいく過程で夫人シン・ヨンミ氏が押されて腰をケガすることもした。

パク某社長が運営する‘チャーチ・ファーム・マーケット’は数 十人が店に走って入ってきてヒスパニック系マネジャーを暴行したレジで現金1,000余ドルを盗み出して、陳列された商品をむやみに投げて暴れまわった。 当時現場には追慕集会を監視した警察が多数あったが略奪があまりにもあっという間に発生して関連者1人を逮捕するのに終わったと伝えられた。 今回の事件で略奪された韓国人商店の全体被害額は業者当たり最小1,000ドルで最大1万ドルまで集計されている。暴徒は商店略奪の他にも駐車されていた約50台余りの約50台余りの自動車の窓ガラスを叩き割った。



■韓・黒紛糾再現されるか=問題は11日始まった夜間追悼集会が来る17日まで毎日開催される予定なので地域韓国人商人が追加被害を心配しているという点だ。 一部韓国人商店は11日夜発生した略奪事態が再演されることを憂慮して最初から夜間営業を放棄することにしたかとすれば警察に治安警戒(境界)を頼みこんでいる状態だ。

本誌と会った韓国人事業主は“追悼式が開かれる場所がすぐに商店の前だと不安なことこの上ない”として“警察が周辺に敷かれているが実際に暴力事態が広がればひたすら見守るばかりであるだけ”と物足りなさを表わした。 また他の商人は“今回の略奪行為が韓国人商店にだけ集中した占ってもらえばややもすると去る1970~80年代のある・黒紛糾の時思い出す”としながら“韓国人商人が今回の事態にまともに対応できない場合、ある黒紛糾再演も可能になり得る”として話した。

一方警察は“暴力事態を防ぐために総力を挙げること”としながら“現在の略奪に参加した約50人の容疑者を探し出している。 警察力を増やして商人の被害を最小化する”と伝えた。
チョン・ジフン、ハム・ジハ記者
--ここまで--




1992年4月末から5月頭にかけて、アメリカ合衆国・ロサンゼルスで起きた
大規模な暴動。ロス暴動





2013年04月のデモ・街宣のお知らせkira3
目覚めたひとのブログ*
[PR]
by koubou-ohayou | 2013-04-04 19:32 | ニュース