日本の国益


by Jam
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

「拒否をした事実はない」 自衛隊訓練への協力拒否報道を全11区が否定



「拒否をした事実はない」 自衛隊訓練への協力拒否報道を全11区が否定
陸上自衛隊が7月16日夜から7月17日午前にかけて東京23区で行った訓練について、産経新聞が7月23日付で「隊員の庁舎立ち入りを11区が拒否した」と報道しました。これに対し、名前の挙がった全11区が「拒否をした事実はない」と報道を否定し、訂正や謝罪を求めています。




このブログでも書いたけど
↓これは産経の16日の記事。
2012.7.19追記
首都直下地震想定し統合防災訓練 自衛隊




そんで「自衛隊訓練への協力拒否報道を全11区が否定」という今回のこの記事が指す
産経の記事というのは23日の産経の記事。

16日の産経の記事ではどこの区がどうとかは書いてなかったけど
23日の産経記事では拒否したとされる11区が書かれていて、それに対して名前が挙げられた区が報道を否定、謝罪を求めていると言う事です。


私が7月16日の産経の記事をブログで書いていた時(同時に見ていたんだけど)
↓目黒区議会議員はこんな事を書いていた。



--ここから--

日本共産党
目黒区議会議員 森美彦のモリモリ区政報告
■500号 迷彩服で何の演習か【2012年7月12日】

区に申し入れ
同じ陸上自衛隊第一普通科連隊が16日から17日にかけて、23区で「災害対処訓練」の実施を一方的に通告し目黒区に協力要請していることに対し、日本共産党区議団は7月5日、目黒区に申し入れを行いました。


中止を求めよ
 区議団の申し入れ内容は次の2点です。
1自衛隊に対し、自治体の要請に基づかない災害対処訓練は中止するよう求めること。
2訓練に対し、区有施設の提供は行わないこと。



庁舎泊を拒否
 目黒区には、「連絡班」の2人が17日午前0時40分ごろに区内に到着し仮眠をとるので庁舎を利用したいとの要請がありましたが、宿泊について区は、区有施設を使わせず、三宿駐屯地などを使うように申し入れたようです。宿泊場所は、区議団の申し入れが実現しましたが、自衛隊の受け入れと通信訓練は防災センターを使わせるのはやむを得ないというのが区側の判断です。


他区の状況は
 第一師団が訓練で区役所に宿泊するのは今回が初めてです。23区の状況ですが、10日現在、宿泊施設の提供をするのは、台東、墨田、大田、荒川、板橋、練馬、足立、葛飾、文京、品川、豊島の11区。うち文京、品川、豊島は車中泊です。★北区は拒否、★目黒は拒否する方向、世田谷には、自衛隊から区役所での宿泊を取りやめるとの連絡が来ました。


今回の演習に法的根拠はない
7月11日企画総務委員会で共産党の岩崎議員が、今回の「災害対処訓練」の法的根拠について、自衛隊側は「防衛省設置法」第4条9項に求めていますが、そもそも、防衛省設置法には防衛省の任務として「災害対処」は盛り込まれていません。区側が自衛隊の受け入れを協力する法的な根拠はない、と質問しました。

これに対し、青木区長は、防衛省設置法の4条9項には災害対処が含まれていると解釈していると強弁しました。

しかし、「災害対処訓練」というのであれば、災害対策基本法に基づかなければならず、都道府県および自治体の要請がなく、自衛隊の通告だけで今回の訓練が行われることからしても、自衛隊の「災害対処」は法的根拠もなく、有事を想定した部隊訓練だといわれても言い訳はできません。
宿泊施設の受け入れだけでなく、通信訓練についても、自治体の要請に基づかない「災害対処」を口実とした演習についても、23区で受け入れを拒否できますし、拒否した区が出ています。


--ここまで--




↓目黒区の
"陸上自衛隊第1普通科連隊災害対処訓練に関する報道について"のHP掲載文。

★目黒区
陸上自衛隊第1普通科連隊災害対処訓練に関する報道について
更新日:2012年7月24日

7月16日(月曜日)から17日(火曜日)の午前中にかけて陸上自衛隊第1普通科連隊が実施した首都直下地震を想定した災害対処訓練について、一部の報道において、目黒区を含め11区が隊員の庁舎への立ち入りを拒否したとされています。

目黒区では、今回の陸上自衛隊の訓練に際しては、区職員が直接立会いのもと、防災センターを訓練施設として提供したところであり、隊員の立入りを拒否した事実はありません。なお、今回の報道に対し、訂正記事の掲載等を要望いたしました。





↓そしてこちらは

日本共産党
東京都 北区議会議員 のの山けん活動日誌より

--ここから--

2012年7月3日(火)
自衛隊参加の震災訓練問題で花川区長に申し入れ

この16日から17日にかけて、陸上自衛隊第1普通科連隊が東京23区を舞台にして「災害対処訓練」をおこなおうとしていることに対し、日本共産党北区議員団として花川区長に申し入れをおこないました。
自衛隊から示された資料によれば、16日の午後7時に同連隊本部がある練馬駐屯地から連絡員が各区に向けて出発、北区には2名の自衛隊員が午後8時30分頃区役所に到着するとのこと。その後、区役所駐車場に駐車した自衛隊車両内で宿泊し、翌17日に区役所での電波状況などを確認、車両にて練馬駐屯地に帰るとしています。



「災害対処」に名を借りた軍事訓練では?
この訓練は「災害対処」を名目にしていますが、軍事訓練の一環である疑いも濃厚です。北区役所のすぐ隣に十条駐屯地があるのに、なぜわざわざ区役所を「宿営地」がわりにするのか。納得のゆく説明はありません。先月の12日には、練馬区や板橋区内の市街地において、陸自隊員が完全武装でレンジャー行進を強行し、近隣住民の批判を浴びたばかりです。

自衛隊が自然災害発生時に災害派遣の一翼を担い、被災住民の救助にあたることは当然です。しかし、地域住民を知らず知らずのうちに軍事訓練に巻き込む恐れのあるような行動については、区はきっぱり拒否すべきです。

今回の申し入れでは、次の3点を区長に求めました。

1、平成24年7月16日~17日にかけて行われる、陸上自衛隊第1普通科連隊災害対処訓練にたいしては、北区として庁舎の利用等はさせることなく、隣地十条駐屯地の利用をすすめること。
1、平成24年度北区震災訓練にあたっては、自衛隊に、訓練参加等の要請は行わないこと。また、各訓練会場への自衛隊としての参加は、いっさい行わないように、自衛隊に申し入れること。
1、Jアラートについては、ミサイル情報等の内閣官房発信情報について、地方自治体がおこなうべき責務はいっさいなく、この発信については遮断すること。また内閣官房情報としての「軍事情報」を、地方自治体の防災無線を使うことによりおこなうことは、地方自治権侵害であり、憲法違反を指摘する声もあるところで、これを拒否する旨、内閣官房長官宛に厳重に申し入れること。
花川区長は「共産党から申し入れのあったことについては、自衛隊側に伝える」などと答えました。




2012年7月9日(月)
自衛隊が北区役所内での宿営を断念

花川区長に対し、あらためて陸上自衛隊の「連隊災害対処訓練(23区展開訓練)」に関する申し入れをおこないました。



訓練の問題点が浮き彫りに
この問題では先週の水曜日に申し入れをしたばかりですが、その後、北区防災対策特別委員会や各紙新聞報道、わが区議団の独自調査などの中で今回の訓練の内容が明らかになってきたのをふまえて、再度要請をおこなったものです。

第1に、自衛隊法83条が自衛隊の災害出動は関係自治体からの要請が前提であるとしているにもかかわらず、今回は自衛隊単独でおこなわれることです。法律に抵触している恐れがあります。

第2に、迷彩服の隊員が市街地を闊歩すれば、訓練とは知らない一般市民を無用におびやかすことになりかねません。

第3に、第1師団広報は、区役所の使用については訓練ではないとのべています。区側が拒否すれば、駐屯地に帰るだけだとしています。事実、23区内でも宿泊を拒否している自治体は多数にのぼります。

これらをふまえ、申し入れでは以下の2点を求めることにしました。
自衛隊法の趣旨にも反し、区民の日常生活に重大な支障をきたす恐れのある「連隊災害対処訓練」の中止を自衛隊に求めること
16日夜の区役所内での宿泊については、あらためてこれを拒否すること





自衛隊側から区役所駐車場での宿泊を撤回
区長への申し入れに先立ち、防災課長から報告があるとのこと。いわく「日本共産党区議団から申し入れ(7月3日、第1次)があったことは、すぐに自衛隊に伝えた。その後、先方から16日夜の隊員の宿泊はとりやめ、車両で練馬駐屯地まで戻るとする変更の申し出があった」。

なんと、今回の申し入れの前に、すでに宿泊を断念させることができました。画期的な成果だと思います。

ただ、今回の訓練は、陸海空の統合防災演習の一部として23区全域に大規模に部隊を展開するものとして、規模でも内容でも過去に例のないものです。災害と軍事の境界線は極めてグレーです。今後とも、なし崩し的に住民を巻き込む自衛隊訓練には十分な警戒を図る必要があると思います。




2012年7月17日(火)
区役所を使った自衛隊の「災害対処」訓練に抗議

(略)....この間の日本共産党北区議員団の申し入れにより、区役所駐車場での〝宿営〟計画は中止させることができました。しかし、今朝は2人の自衛隊員が区役所の屋上から練馬駐屯地と連絡を取り合う通信訓練をおこなうというので、北区平和委員会のみなさんが自主的によびかけた抗議行動に参加することにしました。
(略)

--ここまで--




↓北区の
"産経新聞社に対して記事の訂正を求めました"のHP掲載文。

★北区
自衛隊災害対処訓練の新聞報道について(続報)
掲載開始日:2012年07月24日
最終更新日:2012年07月25日

自衛隊側が「隊員を区役所庁舎内に立ち入らせてほしい」と要請していたにもかかわらず、北区を含めた11区が拒否していたとする記事が掲載されております。 
 記事の内容は事実と異なったものであるため、23日に産経新聞社に対して記事の訂正を求めました。 
 北区はこのたびの訓練実施に際しては、協力しているものであり、区役所庁舎内への隊員の立ち入りを拒否した事実はありません。 
 また、隊員の区役所立ち入りに際して、区職員が立ち会わなかった事実もありません。 
 今回の自衛隊の訓練に際しましては、区と自衛隊が互いに連絡を取り合いながら進めてまいりました。

--ここまで--





こういう流れを見ると、北区は知らんが目黒区長の方は(本音は分からないけど)
まあ受け入れざるを得ないだろうと考えていた?
だけどここに区議会議員が「拒否する方向で」圧力をかけたという感じなのでしょうか?



産経の記事を庇うつもりも全くないんだけど
区長もさ、受け入れるのか受け入れないのか
後から「拒否した事実はない」なんて要望するくらいだったら
最初からビシッと表明しときなさいよ!と言いたい。
「自衛隊訓練大歓迎!」と区のHPに大きく載せておけばいいと思います。















1月14日は尖閣諸島の日
2月07日は北方領土の日
2月22日は竹島の日
Web竹島問題研究所 かえれ 島と海


Takeshimadokdo dokto tokdo tokto
竹島バナーについて
2月22日は竹島の日



目覚めたひとのブログ*
[PR]
by koubou-ohayou | 2012-07-25 23:59 | ニュース